狡兎死して走狗煮らる2017/12/13

臥薪嘗胆で有名な越王句践が呉王夫差を破ったあとのことです。句践の謀臣の范蠡が自分は伍子胥の二の舞になると悟り句践に「大名の下には以て久しく居り難し。」といって越の国を去るのです。そのときに友人の文種に「蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる。」といったのです。
 意味は「飛んでいる鳥を射尽くしてしまうと良い弓も蔵にしまわれ、獲物であるすばしこい兎が死んでしまうと猟犬は用がなくなり煮て食べられる」ですが、簡単にいうと事が成ってしまうとそれまで役に立っていたものは必要なくなるということ。
 もっと砕いていうと引き際をあやまるな、といったところでしょうか。
ソースは「故事」http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/1409/kojiseigo.htm

 米 サンフランシスコ・リー市長(両親は中国出身で初のアジア系市長・65歳)が急死して話題になっている。その話題を書いたせと弘幸BLOG『日本よ何処へ』のコメントの中の文脈で使われた。

用が済んだら処分?
米国なら、「南京大虐殺」のデマの拡散に「大活躍」したアイリス・チャンの謎の「自殺」
日本なら、慰安婦デマを撒き散らした元朝日新聞主筆の若宮啓文の北京のホテルでの突然死
どちらも死の前に、微妙に言論変え始めて、このままなら何を言い出すか分からないと思われた矢先の話
「狡兎死して走狗烹(煮)らる」は支那の伝統
以上

 死因は心臓発作ということらしい。相当なストレスがあったのだろう。

 2チャンネルには「共産党スパイ容疑で連邦調査局(FBI)調査
 前日に急死する。

との書き込みもあった。

豊川信金シニア人材交流会に参加2017/12/07

 本日は午後5時から30分間の中産連と豊川信金共催の面談会に出席した。交通費は支給されず、高速代を節約のため県道57からR1を経て県道5号線を走った。13時前に出て約50km、2時間弱かかった。一旦指定の有料Pに入ってお稲荷さんを参拝した。それでも時間があり過ぎるので、Pを出て喫茶店で時間をつぶした。
 会場は昨年と同じ、豊川稲荷に隣接した研修センターで行われた。3社申し込んだが割り当ては1社しかなく効率が悪い。先方の企業さんも7人のシニアを相手にしておられるので人材確保に熱意を入れているのだろう。時間がきて面談に入った。予め配布された資料に基づいて質疑応答の形で経営課題を話題にしつつ自分のスキルも売り込んだ。25分ほどで時間となった。果たして企業さんの琴線に触れる話ができたであろうか。

一衣帯水2017/12/05

ソース:http://www.sankei.com/politics/news/171204/plt1712040040-n1.html
 中曽根康弘元首相(99)は4日、東京都内で開かれた金鍾泌・韓国元首相の証言録(日本語版)の出版報告会に出席し、日韓関係について「一衣帯水の関係であり、必然的に東アジアの歴史を共有していく運命にある」と語った。「互いが不幸な歴史を乗り越え、アジアや世界の平和に貢献するという目標を分かち合いながら、新たな歴史を切り開いていくことは両国にとって宿命というべきものだ」とも強調し、対話と交流の継続を呼びかけた。
以上

 GOO辞書には「一筋の帯のように、細く長い川や海峡。転じて、両者の間に一筋の細い川ほどの狭い隔たりがあるだけで、きわめて近接しているたとえ。▽「衣帯」は衣服の帯。細く長いたとえ。「水」は川や海などをいう。」

 たしかに古代史まで溯っても近くて遠い国ではあった。しかし、現状はもっとも危険な状況を呈している。
 中韓との関係は不即不離が理想です。【不即不離】の意味 二つのものの関係が深すぎもせず、離れすぎもしないこと。 つかず離れず、ちょうどよい関係にあること。 ▽「即」はつく、くっつく意。
 中曽根さんはかつて首相時代にレーガン大統領を訪ねた際に「日本は不沈空母」の役割云々としゃべった人。今回も多分にリップサービスが過ぎた気がする。普通韓国には言わない。聞き流して良いような悪いような気持ちの悪い発言です。

介護フェスタinてんぱく2017に参戦2017/12/03

12月2日は天白区役所講堂2階(介護フェスタinてんぱく2017)で開催中の成年後見等の相談会に参戦した。相談者は7名、アンケートは35名に頂きました。結構な来場者数で対応に追われ参戦して良かった。3名では手が足りずアンケート回収も減ったであろう。
 来場者のほとんどは高齢女性であった。90歳超という人もいた。これからもっと増えるであろう。アンケートでも一人暮らしは半数はいた。名古屋市の一人暮らしの高齢者数は10万人という数字をどこかのHPで見た。多分女性が多いだろう。
 成年後見制度の知悉度も今一である。今後もっと広報に工夫がいると思わされた。読みやすく分かりやすい出版物の刊行、落語、ミニ芝居などで認知されると良い。

日産車をご愛用いただいているお客様へ2017/12/01

 12月に入ったら、いろいろ手紙やはがきが舞い込んできた。
 表題の言葉は日産自動車の西川廣人社長名で来信した書簡である。要するに先般の新車の完成検査工程の無資格の従業員にやらせていたことが発覚して問題化した件の謝罪である。書面でわざわざ謝罪の意を表した。膨大な費用だろうに。誠意は理解した。
 愛車は日産車に違いないが、平成15年購入の旧年車なのでこの件には関係ない。
 以前にも書いたがルノーグループ(ルノー、日産、三菱自動車等)で年産1400万台のニュースを見て、これは何かトラブルがあるぞ、と思っていた。年産1000万台クラブというのは、世界的な規模の自動車メーカーが例外なく苦境に陥った鬼門ではないかと見ている。
 ビッグスリーと言われたアメリカのGMとクライスラーは倒産、フォードもマツダで手を焼いていた。トヨタは品質問題で揺れた。豊田社長は数字を追う経営から脱皮し、人事面から大改革中だ。VWはアメリカでディーゼル車の排ガス装置をインチキしていたのがばれて大損した。そして日産の今回の事件である。
 日産だけではない。誰もが良く知っている名門の大企業が、会計、製品等の重要なデータをごまかした。世界中の信頼が揺らいでいる。今回は不良品を偽って出荷したわけではなさそうだ。検査員の不足から無資格者にやらせた。それが社外に漏れたのはどうしてか。中堅幹部以下の通報であろうか。それなら健全とも言える。焦るな日産だ。
 法令順守を改めて肝に銘じて欲しいものです。
 ここまで書いて思いだした。戦後の登山界でナイロンザイル切断事故があった。引っ張りには強いが、鋭利な岩角に当てるともろくも切断する事故が相次いでいた。そこでザイルメーカーは蒲郡でザイルの試験をした。
 登山家側の試験では鋭利な角度で簡単に切れたのに、メーカー側の設備では切れなかった。試験結果が報道されると登山家側に非難が集中した。おかしいと思った登山家がメーカーの設備に忍び込んで角度を調べたら丸みをつけて切断しない仕掛けになっていたことが分かった。これでメーカー側は苦境に陥る。結果、メーカーはいつしか消えたという。この事件が元でPL法が制定された。メーカーはあくまで隠そうとする。法令順守の記念碑的な事件であった。
 製品の欠陥を隠ぺいしては市場に生き残れない。

シャープ12月7日から東証1部へ再上場へ!2017/11/30

 これまでの経過は以下の通り。2016年8月1日には87円の上場来安値まで叩かれた。2017年4月にはザラ場で500円を越えた。その後、株式単位の変更があり、現在では5000円になる。底値から5.7倍になった。現在でも4倍にはなる。業績次第では10倍くらいの8000円から9000円まではあがると思う。よくここまで耐えてきたものである。

シャープの再建へ第一歩
http://daisyoninn.asablo.jp/blog/2016/02/04/8008898
続・シャープの再建へ第一歩
http://daisyoninn.asablo.jp/blog/2016/02/22/8026027
シャープ内、革新機構の支援受け入れ意見再浮上
http://daisyoninn.asablo.jp/blog/2016/02/13/8017452

今回のソースはは朝日新聞から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000068-asahi-bus_all

 シャープは30日、「東京証券取引所2部」に上場する株式が12月7日付で「東証1部」に再指定されることになった、と発表した。昨年8月から親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)のもとで経営の立て直しを進めてきたが、1部復帰で再建に一定のめどがついた形だ。

 シャープ株は同月に2部に「降格」したため、復帰は1年4カ月ぶり。シャープにとっては、株価の上昇や銀行からの資金調達がしやすくなることなどが期待される。30日には戴正呉(たいせいご)社長名で「1部復帰は業績の回復とともに、多くの皆様のおかげ。心より感謝する」との文書を出した。

 シャープは昨年3月末時点で、資産をすべて売っても借金などの負債が返せない「債務超過」に陥り、東証の規定で2部へ降格。その直後に鴻海の出資を受けて債務超過を解消し、今年6月に復帰を申請した。東証はこれを受け、シャープの収益の体質や内部管理体制も含めて審査してきた。東証を傘下におく日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は、30日の記者会見で「しがらみのない経営が短期間での復帰につながった。日本企業の経営に示唆を与える」と評価した。(岩沢志気)
以上

後見事務2017/11/27

 個人年金の現況届の回答はがきを投函。これは定期的な入金の確保のために重要な手続きとなる。また、入院費の増額の同意書に署名して投函した。

岐阜信金シニア人材交流会に出席2017/11/22

 今日は午前中からシニア人材交流会に出席した。場所は中村公園駅付近の岐阜信金の支店。尾張地域の企業さん2社と各30分の面談。相手企業の課題と支援内容についての対応可能性について面談した。書面に現れた課題とは不一致だったが、関係の深い実務経験をたな卸しする話の過程で、企業内の身内だけの経営体制からの脱皮が、使う使わないの可否の判断になるだろう。
 昼休みの1時間は徒歩5分で豊臣秀吉を祀る豊国神社に参拝。出世、開運を祈願した。秀吉はここで生まれたという。

EVシフト(転換)の真相2017/11/17

「欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由」
ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00000005-pseven-bus_all&p=3
 全文は上記にアクセス。

 ヨーロッパではマスメディアがEV転換の大合唱。その中には、社会全体でのエネルギー消費のバランスについての適正な見方とは思えない記事を大手新聞が出すこともしばしばだが、ある業界事情通は「今、ヨーロッパのマスメディアにとって、環境NGOは一大スポンサー。彼らの主張を盛り込めば広告費を稼げるという理由だけですよ」と切って捨てる。

 一方で、これはあくまで噂だが、欧州の自動車メーカーは今、こぞって次世代ディーゼルの開発を秘密裏にやっている形跡があるという。熱効率50%に持っていけば、少なくともあらゆる火力発電由来の電力にCO2排出量で勝てる。それで排出ガスレベルを本当にクリーンにすれば文句はないだろうというロジックらしい。

 日本勢で内燃機関の技術革新に力点を置いているマツダの関係者は少し前、

「欧州メーカーは単に死んだふりをしているんだと思う。静かにしているとき、決まってすごいことをやっているというのが彼らのパターン。電気を声高に叫んでいるよりそっちのほうが脅威」
以上

 先日、わたしのところに大聖泰弘氏の「次世代自動車の環境・エネルギー技術に関する将来展望」なる講演へのお誘いがきた。大聖氏は早大名誉教授。プロフィールをみるとこの分野の専門家らしい。
 世の中は挙げてEVシフトの様相に少しおかしいぞと思っていた。それで前掲の記事に眼が留った。それでも一旦火のついた流れはとまらないらしく専門家の講演を望む人が多いのだろう。一体どうなるんだ、ということだろう。
 私はそろそろマイカーの買い替えを検討中だが、75歳くらいまでは運転できるとするともう10年も無い。マイカードライブの余命は10年余りになった。そこで次もディーゼルエンジン車を購入すると決めた。マツダのCX-8が良いらしい。
 ガソリン車はクリーン&低燃費化が限界にきてハイブリッドにせざるを得なかった。実質20kn/リットルである。価格も高い。
 ディーゼルは元々低燃費で高トルクなので磨けば進化する余地がある。CX-5で18km/リットルである。軽油は少し安いので有利である。
 欧州勢が狙うのはそこだろう。まだまだ面白い展開を楽しめる。

朝鮮半島有事2017/11/16

 朝鮮半島有事。ついに妄想から実際に起こりうるとして、腰の重かった日本政府が想定し始めた。それがニュースとして誰にも知らされることとなった。と言うことは近いということだろう。

読売新聞の見出し「避難民装う北工作員、水際で阻止…朝鮮半島有事」が目についた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171115-OYT1T50138.html?from=ytop_ylist
 朝鮮半島有事で北朝鮮から日本に多数の避難民が押し寄せた場合を想定し、政府が検討している対処方針の概要が分かった。
 工作員ら危険人物が上陸するのを防ぐため、海上保安庁の巡視船が日本海で警備を強化するとともに、日本の港で厳格な受け入れ審査を行うことなどが柱だ。一時受け入れを決めた避難民は、臨時収容施設で保護する。施設の設置場所は九州が有力となっている。

 米軍が北朝鮮への軍事攻撃に踏み切った場合、政府は「北朝鮮から木造船などで数万人の避難民が日本に漂着する可能性がある」(関係者)と試算している。工作員やテロリストが避難民を装って日本に上陸すれば、在日米軍や自衛隊の施設、原子力発電所などの重要施設がテロなどで狙われる恐れもある。
以上

 もう1つ、産経新聞の紙面からもコピペしておく。朝鮮人が外からも内からも日本社会を揺さぶって来た。

「朝鮮大学校系団体が偽領収書で不正会計 東京都小平市が補助金返還要求へ」
 東京都小平市は15日、朝鮮大学校関係者らが幹部を務める「小平市ごみ減量推進実行委員会」に拠出した市の補助金が不正に使われたと断定し、返還を求める方針を決めた。市幹部が明らかにした。市は、架空領収書を自ら作成し不正な会計を行った元同校職員の副実行委員長から補助金の不正流用先や規模を追及する方針だ。

 市によると、委員会は平成25-29年度の毎年度、恒例の「こだいら環境フェスティバル」(市・同委主催)のポスターデザイン制作を朝鮮大学校に、ポスターの印刷を武蔵村山市の「福島グラフィック」に発注したとして、計約50万円を支払ったとする会計報告を小平市に行っていた。いずれの支払いも市による補助金が原資になっている。

 ところが、28、29年度にデザイン制作を請け負った「朝鮮大学校装飾」は校内の組織としては存在していなかった。さらに委員会は、「福島グラフィック(株)」が発行者として明記された領収書を25年度から毎年度、受け取っていたにもかかわらず、記載された領収書の所在地に同社は実在していなかった。
以下は
http://www.sankei.com/politics/news/171116/plt1711160031-n1.htmlへアクセス。
以上

 朝鮮半島有事とは要するにアメリカが北朝鮮に攻撃をする戦闘行為が始まるということだ。東アジアの平和を乱す核とミサイルを無効化するためには大切だ。
 それだけではない。日本国内にいる身内の動きも封殺してもらわねばならない。大量動員して武装難民をかくまうだろう。あらかじめ秘密のルートを設定するだろう。あらゆる可能性を排除してもらいたい。
 有事となれば、在日韓国人は韓国の法律でゲリラ兵になる。日韓国交断行、関係の深い団体の施設捜索も必要だろう。そうなれば、外患誘致罪の告発が生きてくる。関与する日弁連、弁護士と各県の弁護士会、地方自治体の首長あての告発も生きてくる。
 来年と言わず来月にも起こりそうな気配である。