シニア人材マッチング交流会へ応募2017/01/15

 昨年は10月下旬のメッセ名古屋2016で知った中部産業連盟に登録して、シニア人材交流会に参加してきた。愛知県、岐阜県の5信金を中心に数社に応募。実際にお呼びがあったのは2信金4社であった。
 中小零細企業で圧倒的に多い需要は生産管理、品質管理であり、次に財務管理、情報管理であった。大企業で大量の定年退職者が発生して彼らが中小企業へ天下れば解決しそうに思うが業務態様の違いからマッチングしないようだ。大企業では中途採用はしないのが通例だから業務が専門化しやすい反面、柔軟性に欠けるかも知れない。
 今回の試みは就職ということではなく、ワンポイントレッスンという立場でのアドバイザーの需要である。
 今日、財務管理と情報管理はシステム化されているので同じ次元の問題であると把握する。ウィンドウズXPが完成してほぼ15年ほどになるが業務の多くは手書きからコンピューター化されてきた。手書き時代を知らないからかえって改良がしにくい時代になった。システム会社に外注するから社内の人材は使いこなすだけで改良する発想が生まれにくい。従って人材の空白が生まれている。システム会社とユーザーの間に立って客観的にアドバイスするニッチな業務がある。且つシステム会社のバイアスのかからない考え方が必要になる。
 今年も先週に入って2信金、数社の案内があり2社に応募した。中小企業が求めるのは知見と実務能力だ。理論や知識だけならインターネットをちょっとググれば手に入る。昨年、面会した社長もそれはもうやっているんです、と言われた。仏を作って魂を入れず、ではなく、実務が必須。実務とは判断と決断。よしやるぞ、ということ。
 登山に例えると、多々あるルートを選んで、岩壁に挑むクライマーのビレイー役とでも言おうか、落ちても安全確保するよ、と安心を与える役目だ。元気な中小企業を支援したい、またこのままでは元気でなくなる企業の応援もしてゆきたい。

Bセグメント2017/01/13

 日産の新型車ノートEパワーの試乗記の文脈で使われた。

「話題のe-POWERの採用に加え、見た目にもマイナーチェンジで少々キリリとした顔つきとなった日産ノート。サイズはBセグメントの標準的なもので、ライバルはトヨタの「アクア」という構図は変わっていない。e-POWERのシステム概要は発表時のニュースに詳しいので割愛するが、1.2リッターのガソリンエンジンは発電専用で、この出力がそのまま駆動力とならない点が、e-POWERのノートを日産が電気自動車と呼ぶゆえんだ。」

 Bセグメントって何だ?こんな言い方は前からあったかな。

回答は「世界で激戦を展開 日本の小型車「Bセグ」のいま」(THE PAGE)
https://thepage.jp/detail/20140824-00000010-wordleaf?pattern=1&utm_expid=90592221-74.fuXON9qkQKOlkl5SDh-FzQ.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2F
にあった。

「そもそも「セグメント」とは何か

 冒頭に出て来たBセグメントという言葉を初めて聞く方もいられるだろう。セグメントとは要するにクラスのことだ。かつて自動車メーカーはそれぞれに自社の製品を指標にしてクラスを表現していた。トヨタで言えば、スターレット・クラス、カローラ・クラス、コロナ・クラス、クラウン・クラスという具合だ。しかしこれだと日産ではチェリー・クラス、サニー・クラス、ブルーバード・クラス、セドリック・クラスになり、メーカーごとの競合車が解り難い。さらにチェリーが後継車のパルサーになるとクラスの名前が変わってしまって不便だ。

 そこで一部の自動車雑誌が、イタリアで使われていたクラス分け表記に目を付け、小さい方から順にA、B、C、D、E、Lの6つに分けたのが日本でのセグメント分類の始まりだ。クラスによっては通常モデルとプレミアムがあってややこしいのだが、今回はひとまず解り易いことを優先し、とりあえず一台ずつ実例を挙げると以下の様になる。

A:フォルクスワーゲンUP!
B:フォルクスワーゲン・ポロ
C:フォルクスワーゲン・ゴルフ
D:メルセデスベンツCクラス
E:メルセデスベンツEクラス
L:メルセデスベンツSクラス」

 以上の記事は2014年というわけで最近の言葉であった。

後見事務2017/01/13

 午前中は、天気予報では明日は大雪になるとかで、スタッドレスタイヤを装着した。例年より1ヶ月遅い。
 午後は銀行から病院への入院費を引き出して支払う。また3ヶ月に1回の監査に備えて通帳証書類を貸金庫から出す。丸の内に移動して記帳事務を処理。

馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第35回を拝聴2017/01/13

馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第35回
 https://www.youtube.com/watch?v=I7uuLeAp2Ec

 馬渕睦夫氏を支持する。
 私も読売新聞の元旦の社説を読んで驚いたものだ。日本人が書いたものでないと思った。新聞社の経営は読者で成り立っているはず、だが実際には広告主に支配されていると言っても良い。
 今日の大企業は輸出で大儲けして大企業になった。つまりグローバル企業を標榜している会社の広告で潤うわけだ。トヨタが新年早々にトランプのツイッターでメキシコ工場建設を批判されていた。メキシコで生産したカローラをアメリカで売るための経営戦略である。トヨタもグローバル企業であるから批判の的になりやすい。また外国人を採用しダイバシティを謳わないと国際企業と見られない。
 読売新聞は保守と見ていたが左翼だったのか。渡辺恒雄社主は元日本共産党員だったから驚くまでもないが、日米ともメディアは左翼である。最近、馬渕先生の著作で共産主義はグローバル主義と同じと知った。それじゃ、グローバル企業は左翼か、といえばそうだ、ということになる。国際競争が厳しいからと法人税を安くしてもらい、人件費の安い海外に工場を移す。更に対米的には外国為替の問題もある。しかし、これではアメリカや日本に利益をもたらさない。
 共産主義、グローバリズム、リベラル、ユダヤ国際金資本は一衣帯水の思想である。米メディアはユダヤに支配されている。ユダヤ国際金融資本は両建てで、資本主義を采配する一方で共産主義国の助産婦にならんとしてきた。ソ連は必要が無くなったから崩壊したのだという。
 2017年1月21日からはトランプ大統領の政治が始まる。巻き戻しが始まるだろう。読売新聞の社説とは反対のことが起きることを期待する。労働者の移民に反対する。虚妄の人道主義にも反対する。

『日本人に謝りたい・・・あるユダヤ人の懴悔』を再読2017/01/03

 昨年、トランプさんが米国大統領の選挙で勝った。なぜ勝利したのか、何を期待されているのかを考えているうちに『ユダヤ人・・・ なぜ、摩擦が生まれるのか』の新刊が目に付いた。目次を読むと似たような内容のこの本の書名を思い出して読んだのである。
 アマゾンで調べると丁度4年前の2013年1月3日に購入。当時は1501円だったが、今は何と、8000円から10000円に跳ね上がっていた。
 今の時代、なぜ生きにくいのか、頑張って働いているのに報われないのはなぜか。グローバル主義は幸せになれないのか。なぜデフレが続くのか。日本国としてまとまろうというときになぜか邪魔が入ったり、思いとは反対の方向に向かう。
 中国と韓国はなぜ反日でしかまとまれないのか。ソ連が崩壊して、マルクスレーニン主義を掲げた日本社会党は社民党や民進党に分裂して消滅に向かっているが、日本共産党はなぜ潰れないのか。
 そんな疑問が湧いてきて、読んでみるとなるほどユダヤ人の思想とカネが世界に妖怪としてうごめいていることを知るのである。
 白人優位のアメリカの白人でさえ、グローバリズムの進展の陰で犠牲を強いられていたのだった。グローバルはアメリカの利益とばかり考えていたが、実は国単位の分析では世界はよく見えないのであると知った。トランプさんはアメリカに浸透する国際金融資本と戦った。背景には正直者が馬鹿を見る善良なアメリカ市民がいたわけだ。
 世界史はユダヤ教、キリスト教の確執で推移してきた。複雑なはずである。
 本書の内容説明は「日本国憲法の元となったワイマール憲法は、ユダヤ人が迫害されてきたヨーロッパでユダヤ人政府のワイマール共和国ができたときに、大多数のドイツ人の中に生きるユダヤ人が復権するために作った人民飼い殺し用の憲法らしく、どうせなので日本でもその写しを戦後の日本でも使ってやれ、と適用されたそうです。
 (ちなみにドイツではその危機にドイツ人が感づき、反発でナチズムが横行してユダヤ人が迫害された)
 で結果、日本では物質的豊かさと反比例して、日本人の精神・家族・国家をここまでぐちゃぐちゃにしてしまった。
 で、このユダヤ人の老人モルデカイ・モーセさんは日本人にはいろいろよくしてもらったのに申し訳ない…最後に謝りたい、とこの告白をしたのがこの本というわけです。
 憲法の内容とその効果、資本主義と共産主義をの両方を道具として生き残るための使ってきたユダヤの歴史などを詳しく紹介されています。」とあるようにユダヤの思想に翻弄されてきたのが近代日本だった。
 流浪する民族・ユダヤ人を日本人は差別するでもなく、杉原千畝のようにむしろ人道的に助けたのではなかったか。人種に無頓着な日本人だった。
 敗戦後の占領軍の中にユダヤ人のベテア・シロタ・ゴードンなる22歳の若い女性の身で日本国憲法の人権条項の草案に関わらせていたことを知って驚かされる。日本では明治維新までは男女混浴だったこと、尾張藩の朝日文左衛門は3回も離婚と結婚を繰り返している。妻は持ち物ではなく奴隷でもなかったことまで調べたんだろうか。知るわけない。
 内容の中で、もっともはっとさせられた記述は
 P154の「ロシア革命の実像」である。ロシア革命はロシア・クーデター」だという指摘。
 P157の「ロシア政変というものはユダヤ人解放運動だった」という。
 P158の「アメリカはソ連の助産婦だった」という。
 P165の見出し「社会主義は本質的に侵略性をもつ」だった。
 「日本共産党が外交面で最も強く主張するのは日米安保条約の破棄である。この考えは、アメリカを筆頭とする資本主義国は、一方、社会主義国はもはやそのような要素は止揚されている、とするところからきている。
 それが虚構であることはレーニンの帝国主義論に関する部分をご参照いただきたいが、最近の社会主義国の骨肉相争う戦争について考えててみるに、本来、社会主義国と言うものは疎外の社会経済体制であり、その経済的生産活動は、自由競争原則を奪っているため停滞の極に達しているものである。
 しかも、一握りの独裁者の意のままにすべてが動かされるのであるから、侵略性を秘めている危険性は多分にある。以下略」と喝破する点。
 今まさに、中国が日本を侵略せんと毎日のように尖閣の海に押しかけてきている。尖閣を盗ったら、次は沖縄にくることは指摘されている。
目の覚めるような話。それではどうするか、その答えはない。現実対応するしかない。米中戦争から集団的自衛権を論拠に日本が参戦する。大東亜戦争の清算が始まるのか。波乱の年になるぞ。

明けましておめでとうございます2017/01/01

2016年は波乱の年でした。

2017年は時代の大きなうねりを受け止めることになりそうです。

1 左翼、リベラル等の勢力が一そう衰勢を見せるでしょう

・かつて学生運動華やかりし頃の70歳~75歳の左翼、リベラルの思想を帯びた人々の高齢化と組織の中の権威の失墜がある。
・マルクス、レーニンのコムニズム、トロツキーのアナーキズムも所詮は祖国を持たないユダヤ人の思想だった。
・日露戦争でユダヤ人の金融家が日本国債を購入した。日本の勝利でロシアの旧支配階級が弱まり、ロシア革命につながり、ソ連共産党が政権を握った。
・すでにソ連は崩壊した。次は中国か。

2 新聞ジャーナリズムが読者の信頼を失いつつあります

・新聞とTVだけから情報を収集する団塊の世代以上は段々少数派になった。若者はスマホ、PCから情報収集してバランスをとっている。したがって自民党を支持する比率が増加中である。1.の衰勢を裏付けている。新聞社の経営者に75歳前後が多い。

3 中国や韓国、北朝鮮との外交関係が益々亀裂が入りそうです

・1と2は完全に中国と韓国に世論をコントロールされている。新聞社が情報を捏造したり、伝えるべきを伝えないことが日本の危機につながっている。正しい情報はインターネットから収集するしかない。
・中国はビジネスマン、留学生、実習生など合法的に日本に入国してスパイ活動をしていると見られる。2010年、在外国民も国防動員法の対象になった。つまり中央の指示でゲリラ活動する。
・世界の戦争を概観するとユダヤ人の金融家の策略に乗せられている気がする。アメリカの国際金融資本は日中に手を組まれることを嫌がる。常に仲違いさせておきたい。日中国交回復の田中角栄は政治生命を絶たれ、米国債を売りたいと言った橋本龍太郎は変な死に方をしている。他にも親中政治家の変死が多い。
・共産主義はユダヤ人の思想であり、ロシア革命もユダヤ人解放運動であった。革命ではなく、ロシア・クーデターが正しい。

4 アメリカの民主主義の欺瞞がはっきりしました

・歴代の大統領で通貨政策がユダヤ国際金融資本の利益と相反すると殺害されている。大統領の選挙資金は国際金融資本から出ている。メディアもコントロールされている。

5 米国大統領選はピープル(皆の衆)と国際金融資本の戦いでした

・トランプは敵対するメディアとインターネットのSNSで対応した。
・ユダヤ人はロシア革命でソ連を建国する一方で、アメリカの金融資本を握り、資本主義で優位に立った。通貨発行権を握ったのだから自在に世界を操作できる。
・ユダヤ人の得意な両建て主義、裁定取引(アービトラージ)です。
・朝鮮戦争でアメリカは国連軍として戦う。国連の決議の際にソ連は欠席する。ソ連が出席すれば当然反対だが裏で動いたわけだ。これもユダヤ国際金融資本が暗躍しているという。

6 米国大統領は米国民の代表ではなかったのです

・これまでは4と関係する。トランプはどうなるか。

7 2017年は米国の皆の衆の巻き返しが始まります

・現時点はアメリカ民主主義の原点に帰った。

8 必ずしも国民が潤う状況ではなく、緊張感を伴う推移を覚悟したい

・グローバリズムはすぐ是正されることはないのでデフレは続く。物価は騰がるが収入が伸びない。税金も騰がるとデフレは続く。

9 但し、株式だけはバブルになると情報通の予言がある

・結局、会社の業績本位である。
・インターネットで情報格差が無くなった今、ユダヤ人の優位性は無くなっている。

10 それでも何があっても食べて行かねばなりません

・ソ連が崩壊、中国経済が破綻状況、などなど波乱があっても底辺の人々はたくましく生きて行く。若干の蓄積と信用があれば困難を超えることができる。

 世のため人のために何ができるか、脚下照顧、自問自答しながら生きて行くことになります

お礼参り2016/12/30

 お千代保稲荷さんにお礼参りに行きました。
 この1年の無事と仕事運、金運に感謝してきました。前歯(ブリッジ)が破損したり、膝痛が完治しないとか、秋には仕事がなくなったりと順風満帆というわけではない。それでも趣味の登山では遭難もなく、五体満足で幸いと年末を迎えることができた。仕事は無くなったが収支は若干の黒字であった。あちこちでは地震、火災、大病、交通事故、などが起きて不運に見舞われている人々が大勢いることを考えると無難が幸せということに思いが至る。
 お千代保さんへ行く途上、長良川堤防道路からは絶好の冬日和であった。濃尾平野の西の端から東の果てに雪を冠った御嶽山がどんと構えていた。右には中央アルプスが並び、恵那山も山頂部のみ白っぽく見えた。前方の奥美濃の山々はまだ黒っぽい。左の伊吹は若干の雪が冠っていた。冠雪はこれからであろう。
 駐車場の埋まり具合は50%ほど。正月は駐車場にも入り難いし、参道は殆ど身動きできないほど善男善女が詰めかける。明日も多いと聞いて30日にした。冬至後はお礼参りに来て良いそうだ。参拝後は参道沿いに並ぶお店でみかんの一杯入った一袋を買った。漬物も買った。少しばかりの散財も御利益があるらしい。これで年末の気分がしてきた。

エビデンス2016/12/28

 近頃、週刊誌の見出しに頻発する言葉である。

週刊文春12/8号
エビデンスに基づき脳卒中などのリスクを徹底検証
「塩分と血圧」の真実教えます!

週刊新潮12/10号のコメント
週刊誌の医学情報としては、新潮は週刊ポストや現代より、かなりマトモ。 ただ最近このエビデンスもどこまで正しいんだろう…と感じる。
同上
日本人が読むんだからエビデンス(証拠)っていちいち訳して書くなら証拠でいいじゃん笑 


週刊文春12/22号
近年は数多くのデータに基づいて、効果や安全性にエビデンス(科学的根拠)がある医療が行われるようになっている。食生活についても研究されており、病気を予防できる食材なども分かってきた。今回はがんや認知症など五つの分野の専門家に解説してもらった。

週刊文春12/29号
すべて医学的に根拠があります!

“エビデンス健康食”保存版献立付
以上
 読者の耳目を集めるための搦め手の新語だろう。医薬メーカー、医師、健康雑誌などの宣伝が後年になってひっくり返ることが多い。悪いと言われていたものが実は良いものだったり、その反対もあるから医学・健康常識が混乱していることが背景にあると思う。
 例えば、塩分の摂り過ぎは高血圧になるという常識は今はひっくり返った。高血圧の基準もより低めて降圧剤を拡販するための詭弁だった。血圧の話には根拠の疑わしいウソが多い。
 健康のために流行中のウォーキングもやりすぎると膝痛になる。ジョギングもカリスマ的な人が心臓疾患で急死してから危険性が言われるようになった。
 スポーツ自体が生物の生理に反する行為という。スポーツマンだから長生きはありえない。どちらかと言えば短命で終る。むしろ病弱だった人がかえって長命を得ている。女性がより長命なのは自分で労わるからだろう。男は仕事でも飲食でも無理や無茶をしがちである。
 もっと昔は米を食うな、米篇に白は粕だからという。パンを推奨された。米の小麦の拡販に利用されたらしい。牛乳は完全な栄養食品というがある有名な医師は胃腸を悪くすると主張する。
 エビデンスはこうした疑問が生じた場合にその根拠は?という文脈で使われる。

後見事務2016/12/27

 被後見人の通帳記入を処理。年末とあってどこも並んでいる。丸の内の事務所に移動してこのところ溜まっていた伝票類の事務整理する。収支の記帳、病院関係の入院費アップの承諾書を送付した。

ポリティカル・コレクトネス2016/12/23

wikipedhia では
 「ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC)とは、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す。」

 言葉狩りと意訳することもある。同じウィキから「何をもって言葉狩りとするかは、差別そのものと同様、用語が使用された場合ごとの関係者の主観に基く部分が大きい。規制が過剰あるいは不適切と考える立場からそのような用語規制を否定的な意味合いで言葉狩りと呼ぶ。「言葉狩り」とされた用語のいくつかは放送禁止用語になっていることもある。」

アメリカが発祥?
https://www.youtube.com/watch?v=SUGPyUhrDgM

http://kimamana-topic.com/4923.html

馬渕睦夫氏は以下のユーチューブで多用することが多い。
https://www.youtube.com/watch?v=RAFYzHzMwxQ

馬渕睦夫氏対談加瀬英明氏    司会:村松えり
このチューチューブでも良く出てくる。
https://www.youtube.com/watch?v=SUGPyUhrDgM

 一般的には看護婦は看護師、保母は保育士、助産婦は助産師に言い換えられた。めくら打ち、つんぼ桟敷、ちんばを引く、おし(聾唖)は差別用語といわれ放送禁止用語になっているようだ。痴ほう症は認知症に言い換えられた。黒人は黒んぼ、ニグロも差別でアフリカ系アメリカ人というらしい。
 その他にも、アメ公、鮮人、シナ人などは差別用語とされている。逆に日本人はイエロー、チョッパリ、シャオリーベン(小日本)と言われる。
 これらを禁止用語とすると窮屈という説もある。それを敢えていうことでマスコミの餌食になり、逆に認知度を高めたのがトランプさんだ。偽悪的なのだろう。うまく利用した気がする。