生活保護の相談③2017/11/06

 朝一で地下鉄に乗車、市バスに乗り換えて徒歩で区役所へ向かう。待ち合わせ場所で依頼人と合流し、区の相談窓口で予めアポをとってあったS係長と相談した。様々な切り口で相談して依頼人の生活困窮を少しでも解消する方策を引っ張り出したかったが、結果は生活保護費の受給は出来ないこととなった。
 そうかといって現時点で生活費の不足はいかんともしがたく、何らかの方法をださねばならない。市営住宅入居とか、困窮者向けの融資制度の紹介もしてもらった。或いはリバースモゲージの紹介もあったがこれは意外だった。その中で融資の窓口は社会福祉協議会ということなので区の方は一旦引き上げて社会福祉協議会に同行した。
 融資制度の紹介から話を引き出したが、結果はノーだった。そこで内職の勧めがあった。こんな窓口でも内職の斡旋があるのは意外だった。融資は利息をつけて返済せねばならない。小額でも労賃であれば返済はしなくとも良い。
 何でも当って砕けろというごとく、話はして見るものである。これで結論が出たことにはならない。それでも依頼人が自分の頭で窮状の打開策を考えるヒントにはなった。

 人生は自己責任である。どう生きるか、それは本人の意思に任されている。生活保護の申請にも至らなかったのは残念だが、自助努力で打開できればそれは大いなる自信になる。

 豊かな国・アメリカではフードスタンプが知られている。ウィキには「フードスタンプ (Food Stamp) とは、アメリカ合衆国で低所得者向けに行われている食料費補助対策。公的扶助の1つ。」「形態は、通貨と同様に使用できるバウチャー、金券の一種。一般のスーパーマーケットでも使用できる。対象は食料品であり、タバコやビールなどの嗜好品は対象外となる。」ということで、生きてゆくためには食料は絶対なので食べ物を買う費用を金券で支給している。比較すると日本は現金なので不正受給が後を絶たない。収入をごまかして詐取するニュースを時々、目にする。アメリカの金券でも売買があるらしく似たような問題はある。
 大切なことは行政の相談窓口をオープンにして、生活困窮者に対して冷たい対応や門前払いの無きよう切に願う。
 当職としては今、考えられるだけのことはやった。精一杯の知恵を絞った。何とか生活再建を果たして欲しいと願う。

後見事務2017/11/01

 午前10時過ぎ、自転車で取引の金融機関に走る。本日付の定期預金の満期による書替を手続きする。これで年内は書替はなしとなった。昨日の監査と今日の書替で用のない通帳と証書を貸金庫に入庫に行く。自転車は駐車場の混雑と無関係なので便利だ。適宜活用する。

後見事務2017/10/31

 夕方、監督人の事務所へ向う。7/1から9/30の資金の動きを書面で報告した。最新の預金、通帳のコピーと財産目録を提出した。今月は実質2ヶ月分しかなく簡単に終わった。
 点検後、雑談で、名古屋家裁の30歳代の若い裁判官が急死されたことを知った。病名は心筋梗塞らしい。若くして責任の重い立場に立っての仕事なのでストレスであろうか。御冥福を祈る。

研修:法定相続情報証明制度について2017/10/26

 今日は法定相続情報証明制度の実務面からの研修を受講した。9月には法務省登記官を招聘して説明会があったが欠席した。今回は先回のおさらいも含めて、実際に使用したことがある行政書士の先生が書類の書き方の細目に亘る実践的な内容に終始した。相続放棄や相続廃除などのイレギュラーなことへの考慮もあって簡単ではない。当研修は某先生の失敗への反省から発案されたらしい。件数をこなせば理解も早まり深く知識が得られるが中々機会の少ない先生には意義深い研修になった。

研修:建設業許可と経審2017/10/25

 愛知県から担当の職員を招聘して建設業許可と経営審査の話を受講した。新しい建設業の業種である解体工事が追加されて、法令の発効日をまたぐので期間計算と添付書類の有無が煩雑であった。
 建設省の職員からは建設業法の法令順守の話があった。大スクリーンに説明事項を大写ししてプレゼンの技術的には進捗がはやくてついてゆくのが大変だった。法規は微に入り細に入りで年々細かくなった。実務で苦労しながら覚えるのが一番いいのだが、競争の激しい昨今は受任自体が難しい。

先手必勝!衆院選は自民党が圧勝す2017/10/23

 10/22の投票の結果、自民党が圧勝した。これは予想通り。愛知7区は山尾しおり氏が辛勝した。文春の報道への嫌気もあったかに思われる。東京・秋葉原の安倍氏らの演説では「TBS帰れ」のコールがあった。今の新聞、テレビなどの報道機関が政治団体になってしまったことへの嫌疑である。
 愛知7区は名古屋市郊外にあって主に会社員、公務員で小成した人らが新興勢力として急増しており、リベラルをうけ入れやすい土壌がある。農業、中小企業経営者、山林などの旧地主は自民党へ、という構図か。
 実際、知人でも銀行支店長、名古屋市高級幹部らが尾張旭市に住居を構えている。子供らも総じて高学歴で長久手市などに新居を構えている。こうした地盤でジャーナリズムのスキャンダラスな報道が逆に嫌われ、同情を集めたと思う。山尾さんと支持者が握手する動画をみても高齢者の支持者が多かった。
 私の愛知3区では左翼色を強めた立憲の近藤昭一氏が圧勝した。自民圧勝への警戒感だろう。純粋左翼の立憲は愛知5区の赤松広隆氏と2人が生き残った。昭和区は富裕層の街、天白区と緑区は名古屋市外から転入してきた新興住民の街のはずだが、低賃金に喘ぐ庶民層が多いのだろう。
 公務員は富裕層であってもリベラルの風潮があり、労働組合の関係で左翼色に染まりやすい。要するに対立軸を中国や韓国、北朝鮮に置かず、自民党に置き、反権力、反戦、護憲といった内向きの思潮を感じる。
 公務員も大企業の労働者も大組織の中で、一つの方向へまとめられて、飼いならされた人々ではあるが、今回の選挙では大企業の労働者は希望へ投票したようだ。民進党はこれで完全に割れたのである。
 万一、北朝鮮からのミサイルが命中して日本が大きな痛手を受けたら報復あるのみだ。韓国、中国からの領土侵略も対抗してゆかねばならない。憲法がどうあろうと反撃することには法理がある。現実に軍備は整えつつある。現実に照らした柔軟な憲法改正が望まれると考える。
 江戸時代の日本は欧米の植民地になるまいと、明治維新により既得権を捨てて、近代化を進めた。さらにアジアの植民地解放を願って大東亜戦争を担った。アメリカ以外の国には勝利し、アジア、それに続くアフリカの植民地は欧州先進国の搾取から解放された。
 今また欧米の勢力に代わって中国の海洋進出で日本と利害の対立が出てきた。戦争は避けられないだろう。中国と韓国・北朝鮮対策、安部政権は国民の負託をうけての圧勝であった。

VW「パサート」ディーゼルエンジンモデルを日本導入、新エンジンで需要取り込む2017/10/13

ソース:http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/12/news041.html
「VW「パサート」ディーゼルエンジンモデルを日本導入、新エンジンで需要取り込む」
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月11日、ディーゼルエンジンを搭載したセダンおよびステーションワゴンの「パサート TDI」の型式認証を取得し、日本市場向けに2018年初めから発売すると発表した。
以下はソースへアクセス。

 欧米では将来的にはすべてEVにするとぶち上げられた。ほんとにやれるのか、と訝っていたら、このニュースが飛び込んできた。やっぱりクリーンディーゼルを売らなければEVの時代まで企業体力が持たない。日本で初めて発売すると言うのが不思議に思う。マツダにできてVWに出来ないことはあるまい。
 現在の日本ではトヨタのプリウスに代表するハイブリッド車が全盛である。日産でもEパワーのノートの売れ行きが良いらしい。とにかく現在のハイブリッド車はエコカー減税で、補助金という形の値引き販売で支えられている。
 そこへVWのクリーンディーゼル車が加わると競争が激化するだろう。VWの車体はとにかくしっかりしているそうだ。お金があればパサートを購入したいほどだ。
 かつて日産が自社工場でVWのパサートを製造組み立てしたことがあった。日産とVWの車体の違いの1つとして、シルの溶接を日産車はスポット溶接するのに対し、VWは全部溶接していたらしい。これが剛性を高め、悪路走行でのきしみ音、ドアを閉める際の音の違いになる。
 アメ車はともかく、ドイツ車には今でも1日の長があると思う。
 一方で、トヨタは車台を半減するニュースも読んだ。トヨタは今が多すぎるのだ。年産1000万台達成に前のめりで来たから正常化する方向なのだと理解した。
 売れ行きのベスト10の半分は軽自動車になった。価格、燃費、使いやすい、居住空間が広い、などメリットが普通車に比べて多いから当然の結果である。
 個人的には普通車のフロントガラスの傾斜がきつすぎて広い空間をわざわざ狭くしている。CD値が昔のスポーツカー以上に低くしているのは燃費稼ぎの狙いがあるとしても異常に思える。バランスの上で車幅も広くせざるをえなくなり、3ナンバーが多くなった。これは増税である。結果、減税による値引き分は3ナンバー化の増税で回収されているのだろう。維持費で損するから売れ行きが鈍るわけだ。
 この車内では車両感覚が把握しにくくなり、今ではモニターが必須になった。これはコストアップの原因になる。需要が軽に流れるのはこの異常なカ―デザインにあると思う。
 日本車はカ―デザインといい、ハイブリッド専心といい、ガラパゴス化が必至と思う。そんな意味で外車のクリーンディーゼル車は選択の幅が広くなる意味で歓迎する。

アンダードッグ効果2017/10/13

 ソース:http://www.doctor-sumai.com/colum/002c2-074.html
「負け犬効果ともいいます。
選挙で劣勢だと伝えられると、同情票が集まるなどの効果です。

マスコミの報道によって生まれた「雰囲気」は、時として煽動的で投票行為を左右することもあります。
当落線上と書かれた候補者が蓋を開けてみればトップ当選だった、なんてことも良くあります。

これは「アンダードッグ効果」と呼ばれるもので、不利な状況にあるものに手を差し伸べたくなる人間の心理の表れです。

日本は他の国に比べると、この情に流される投票行為が顕著です。
代議士などの死亡で妻やその他の親族が身代わり候補になりますと「弔い選挙」となり、大抵当選します。

前回わずかな差で落選した候補が「今回こそは雪辱を!!」と連呼すると、得票率がダントツになってしまいます。

選挙の立候補者が、マスコミにどんなに安全圏と書かれても強気の発言をしないのは、この効果を恐れるためです。

支持者が「自分一人ぐらいなら…」となっては困るからです。

(玉水タマ美)」
以上
ソース:https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E5%8A%B9%E6%9E%9C&oq=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E5%8A%B9%E6%9E%9C&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&ie=UTF-8
「underdog effect. 判官びいき効果。 選挙前の予測で不利とされた候補者に「判官びいき」で票が集り,選挙の結果は逆に勝つという,選挙予測の効果のこと。 選挙の予測報道にこの効果があることは,世論調査データの分析により 1940年代にアメリカで最初に発見された。」

コトバンクから

「判官びいき効果。選挙前の予測で不利とされた候補者に「判官びいき」で票が集り,選挙の結果は逆に勝つという,選挙予測の効果のこと。選挙の予測報道にこの効果があることは,世論調査データの分析により 1940年代にアメリカで最初に発見された。これはアナウンスメント効果の一形態と考えられる。以前日本では「負け犬効果」と直訳されて用いられたこともあったが,意味を誤って伝える可能性もあるので「判官びいき効果」と訳されるようになった。」
以上
使われた文脈は超有名な「余命3年時事日記」のコメントから
「名無しさん
 衆議院選挙の選挙情勢についてですが。
 余命氏は今回の選挙情勢をどのように分析されているのでしょうか?
以前はあれだけ若者への投票を呼びかけていたパヨクメディア界隈も、若者たちが安倍政権への支持が高い事がわかった瞬間すっかり静かになってしまいましたね。
 むしろ最近は「若者たちは同調圧力に弱い」などと若者たちが選挙で投票する事に批判的な論調の方が目に付きます。
 今回の選挙についても、なんとなく自民の勝利ムードを出す一方で、肝心の北朝鮮問題は選挙問題にほとんど関連させず、選挙が盛り上がらないように報道して野党へのアンダードッグ効果を狙っているように感じます。
 それならば、われわれ保守側から若い世代の人たちの投票率が上がるように運動を展開していくというのはどうでしょう?
 オールドメディアがそれを良く観ている無党派層や浮動票の層に向けて、シラケムードをだして組織選挙に持ち込ませ野党の被害を最小限に抑えようとしているなら、こちらはSNSなどを通じて、若者たちに向けて選挙を面白くするよう盛り上げて、“若い有権者だけ”に旋風を巻き起こし、投票率を上げてやれば。組織頼りで低投票率の野党に対して大きなアドバンテージになるのではないでしょうか?」
以上
 新聞とTVだけで情報を得ている人らにはアンダードッグ効果も期待できるでしょう。今はインターネットの拡散力が優るからコメンターさんのような発想がうまれるんでしょう。

後見事務2017/10/13

午前中、自転車でモーニングコーヒーを飲みに喫茶店へ行く際に近くの銀行の通帳記入を済ます。ゆうちょ銀行も行ったが15日の入金は週明け16日になる。
 帰宅後、支度して銀行へ。病院からの請求書に基づき引き出して支払う。15日入金予定の年金も2日前倒しで入金されていた。
 丸の内に行き、取引をソフトに入力しておく。これで病院の預け金の9月30日現在の精算の記帳もすべて終わった。7/1から9/30の3ヶ月間の後見事務をまとめた。
 昨日のうちに通帳と証書のコピーを済ませておいたので、今日の動きのあった銀行の帳面のコピーを追加する。財産の一覧表を更新して1件ごとにチエックする。通帳と帳簿の誤差がないことを確認して正式な書類を作成する。1部はコスモスあいちに届けた。もう一部は監督人に連絡して後日監査をしてもらう。

ポジショントーク2017/10/12

ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」のコメント欄からの引用

「小池百合子には本音がない、あるのは生存本能だけ。」

デイリー新潮で、カイロ大学で小池百合子の後輩だった人物後語る小池百合子の実像。

「「中東人の発言というのは、すべて“ポジショントーク”なんです。“ポジショントーク”というのはこの場合は、自分に有利な話ばかりをするという意味です。そこは彼の地ゆえの争いの多さ、一言でも失言すれば死んでしまう状況が育んだ気質です。たとえば、“イスラーム国について現地の声を聞きたい”とテレビ局の人間が来れば、現地の人はイスラーム国の悪口をいう。その場ではインタビューの意図を察し、話すわけです。でもこれはマスコミを前にしたときのポジショントークであって、本音ではない。そもそも彼らに本音なんてないんです。(この中東人の生きたかを、小池百合子は日本で実践している。)」」
以上
ウィキペディアは
 「ポジショントークとは、株式・為替・金利先物市場において、買い持ちや売り持ちのポジションを保有している著名な市場関係者が、自分のポジションに有利な方向に相場が動くように、市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語[1]。
 有価証券の価格変動を目的として行われる「風説の流布」は虚偽の情報を流すことを指しているが、ポジショントークは「虚偽」ではなくあくまで「市場予測」であるため、これをもって風説の流布として摘発された事例はない。ただし明白に虚偽とは言えなくとも、合理的な根拠のない情報であれば罰せられるおそれがある。」
以上
 小池都知事に対する逆風が吹き始めている。いや既に胡散臭い所は昔から指摘されていた。政界渡り鳥なんてね。
ググっているとあるコメント「まあ政治ってもともとポジショントークのぶつけ合いみたいなところある」ものなんですって。
 中東人だけではない。コスモポリタンに生きる民族はすべてポジショントークにならざるを得ない。自分が優位になる、不利益にならないことのためにはウソも言う。小池氏もある特定の理念を持った政治家を信奉し、師事する訳ではなく、その時その時の利益で渡りあう。
 離合集散は人の世の習いとはよく言ったものである。