【魂の事業 その承継 #1】大廃業時代を生き残れ!中小企業の「相続税ゼロ」を活かす道[桜H30/3/14]2018/03/14

チャンネル桜の新番組です。
https://www.youtube.com/watch?v=S-fflGScXfk

 生身の人間の終活もメディアをにぎわしています。企業の相続即ち事業承継は現在進行形です。

 後継者不在の時代をどう舵取りするか。引き継ぎ手がいない悩み。引き継ぐ魅力がない。

 一昨年来、中産連の斡旋で中小企業とのシニア人材面談会に参加しているが、中でも自動車関連の下請けの経営者の疲弊が印象に残った。比較的若い人事担当者はうちの経営者は経営意欲を失っている、と嘆いた。多分第三次下請けであろう。
 経営課題は試算表があがってくるのが遅いという。多分活き活きとした成長力のある企業ならそんな初歩的なことで悩むことはない。直接利益を生まない間接部門に専従の人材とIT投資の資金を配分できないのだ。

 大手企業の賃上げの回答が出始めた。トヨタで3%以上のアップが示されて月1万円以上の収入増になる。賞与6ヶ月超を含むと約20万円の増加だ。
 すでに安倍首相が経営者団体を通じて賃金アップを要請している。だから当然といえる。本来は労組の仕事であるが、日本では長いデフレから脱却するために法人税も外国並みに下げて、賃上げ余地をつくらせてまで、安倍首相自ら赤旗を振っている。
 問題は傘下の下請け企業群の賃上げである。中部経済新聞でもトヨタ系の下請け企業に1%のコストダウンを要請する旨の記事が出た。
 これがあるから経営意欲が削がれるとも言える。
 若い人も入社を渋るし、経営者の引き継ぎもうまくいかない。大量廃業の背景ははっきりしている。トヨタ系は売上高は立派だが利益はかつかつともいわれる。負け組企業は倒産か廃業である。それよりはましということだ。競争が厳しいのである。
 モノづくりで日本に負けたアメリカはグローバルを言いだした。そして円高政策をとり、日本人労働者の賃金をドルベースで世界水準で見て高いといいだして抑制された。海外生産にシフトせざるを得なくなった。国内は失業者が増える。これはGDPのダウン、デフレにもつながり日本経済の衰退を促した。実際、家電業界は海外勢に負けてしまった。
 少子高齢化で需要が先細りと予想される中、先を見越しての廃業は企業としては正しい選択であるが、日本全体では大きな問題になる。
いつの時代でも安気な経営はできなかったはずだ。知恵だ。知恵を出すしかない。
 そのお手伝いをして行きたいと思う。

戌年の1月11日、“ワン・ワンワン”の日の昨日、ソニーの犬型ロボット「aibo」の新型が発売2018/01/13

ソニー関連記事

http://blogos.com/article/270874/

http://biz-journal.jp/2017/11/post_21410.html

 
https://potato.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1465969680/
から一部を転載する。

 「ネットの時代が来る」と社内外で繰り返し主張していた出井さんは、ギルダーが言っていることをそのまま書いている三流コンサルのレポートを見ていたんだな。私や周りのエンジニアは、ギルダーの話や著作は、英語の原文で読んでいてもう知っている話。
 しかもコンサルが要約したものを読んでいるわけではなく、原文を読んでいるので、本質までつかめている。
 そんな状況なのにソニーの社内会議では、出井さんが外部コンサルのレポートで読んだギルダーの話を自慢げにするわけ。
「お前ら、世の中はこうやってネット社会になっていくんだぞ。知らなかっただろう」とね。優秀なエンジニアは「そんな話は常識で、もう知っているよ」みたいな感じで興ざめだったよね。
 周辺をイエスマンで固めているから、出井さんに「そんな話は優秀なエンジニアならば周知の話です」と指摘する人もいないし、掛け声だけでは具体的なビジネスは生まれないと進言する人もいなかった。軌道修正を促す人もいないから、出井さんはそれがソニーを改革するための、唯一かつ正しい道だと勘違いしてしまったんだろうね。

 その頃から段々、ソニーの社内がおかしくなっていってね。世の中でギルダーの話が流行らなくなっても、出井さんのネット熱は下がらなかった。事業本部をネットワークカンパニーと呼んでモノ作りから脱皮しようとした。
 ある意味ではモノ作りを破壊したんだな。
 出井さんは世の中受けするパフォーマンスが好きだったので、ネット対応の話を株価対策的にやっていた面もあるかもしれないだけど、あの社内会議でのはしゃぎようを見ていたから改めて思うけど、本当にコンサルのレポートの話を信じていたんだろね。
 だけど不思議なことに、ソニー社内にもネットワークに詳しい人はたくさんいたのに、そういう人の話は一切、聞かなかった。なのに、自分の周辺を固める三流コンサル、三流エンジニアの心地よい言葉ばかり聞いて、ソニーをおかしな方向に導いてしまった。
以上
以下コメントから断片的に抽出すると

「コンサルタントは話方がお上手だから、そっちに流れるのはしかたないであろうの 」

「コンサルがその話は知ってるよってのを 現実離れして持ってくる現場ははぁ?って感じ
自己啓発本読んでコンサルタント自称してる連中が現場を知ったかぶりして混乱に陥る。
コンサルタント有効なのはベンチャーや従業員10人までの中小企業まで 」

 「コンサルってマジでロクな会社がないけど社長に直言出来るし金払ったアドバイスだから変な内容でも実行しちゃうのがヤバイ 」

「これ。前いた会社も外部コルサル(笑)に引っ掻き回された挙げ句、何も残らなかった。大量離職の後、コンサル業に鞍替えしたらしい(笑) 」

 「コンサルティングと言っても、若い人達ならマーケティングや権威の理論、経費の圧縮でアプローチしてくるだろうし、何やらでかい会社にいた隠居みたいな人だと過去の自分の実績に基づいて意見するから
どちらもちゃんと自分の頭で取捨選択しないとならないのにね。服屋でよくお似合いですよーとコーディネートされた一式を全部買って、外でそれ着て周りから「プッ」と笑われるようなもん。
 まあ、プロ経営者なんて愛社精神なんてないから報酬ゲットできればそれでいいのさ。 」

「■コンサルの正しい使い方
経営者「リストラしたいんだけど頼みます」
コンサル「了解 MBA卒の私が最新理論で分析した結果、リストラが必要だと判断しました!キリッ」
世間「それじゃリストラされてもしょうがないね」
社員「大人しくリストラされます」

■コンサルの間違った使い方
経営者「本業で何をしたら良いのかわからない」
コンサル「了解 MBA卒の私が最新理論で分析した結果、こんな経営戦略が必要だと判断しました!キリッ」
社員「なにこの素人の発想 まるで大学生のレポート課題じゃん」 」
「官公庁でもコンサルは雇うらしいが、それは事業にかかる調査とか資料作成とか色々なロジやらせるために雇ってるだけだとか。

ぶっちゃけて言えば、コンサルとは、業界ゴロに毛が生えたようなもんですのよ。社長ともあろう者が、コンサルの話を聞いて、それに従うなんて、バカの極み。 」

「今まで「◯◯コンサルタント」の言うこと聞いて、成功した人なんて聞いたことないけどなぁ。結局ほとんど詐欺みたいなもんじゃないの? 」

「真偽は別として、コンサル入ると会社は傾く。自分の近辺でいままで成功した例は一度も聞いたことがない。そもそもコンサルに頼ろうという経営者自体が既にヤバイ。 」

「コンサルにもいろいろあって専門の技術集団もある。まあ、ソニーの場合は経営コンサルのことだろうな。学問的に新しいことは提案できなくても、定番のこれやっちゃいけない、これはいいんじゃないってのは提案できるよ。それが企業には目新しく映ることもある。小さな間違い修正くらいはできるよ。 」

「コンサルタントを使う様に成ったらその時点でお終いだから 」

「コンサルに一流も二流もねーだろ、両者三流だ
正直、コンサルなんぞに頼る程度の経営力ならその企業の方向性や将来性自体が終わってんだよ

 コンサルに頼る企業はすでに自力でどうこうできない半分死んでる企業ばっかりなのだから、終わってんだよ
コンサルを会社に呼んだ企業は身売りか倒産が末路だから 」

「コンサルが入る場合、基本的に問題点と、どうすれば良いかを確認するはずなんだが外部機関に指摘されないと把握できない状態は、SONY自らですら何をして良いか分からない混乱と迷走状態船に乗っているのに地図もコンパスも故障していて常に方向が間違っているし、目的地すら分からなくなっている
 ワーストケースなのは、外部機関に指摘されて、尚、堂々巡りでまるで運任せに経営してしまう無能経営そうなったら全てが裏目に出てやがて船は沈没する 」

「奇人・変人のエンジニアの話も技術者出身の社長の話も 中小企業には適用できても大企業には適用できない
 今時、会計処理の知識のない者が 大企業などできるわけない 」
以上

 まあ、これくらいにしておく。出井社長への罵詈雑言のオンパレードだ。コンサルタントも出番なしというくらい叩かれた。経営は結果オーライの世界だから。
 それにしても出井氏にリーダーシップがなかったことは確かだろう。自分の頭をいじめて結果を出せないからコンサルタントに依頼してみた。結果は好転することはなかった。しかも三流コンサルタントだった。今は自分でコンサルタント業という。

 創業は易し継続は難しの俚諺あり。

 昔からこの種のお家騒動は絶えたことがない。

 かつての勤務先の創業者は「俺は絶対に税理士に経営相談なんてしないよ」と明言していた。
 今、中部経済新聞で連載中の記事で、名南経営の創業者の佐藤さんは税務官吏あがりと知った。だから上から目線で経営指南を思いついたんだろう。
 難関の国家試験をパスしただけの税理士風情に経営なんて分からないと私も思う。まして税務署員あがりは無試験組である。なおさら分からない。ただ、税理士業界の草分け的な存在であったから成功できた。先見の明はあった。誰かが重要性に気がつく前に創業した。学ぶのはそこである。
 だが先が読めるからといって成功するとは言えない。先を読むにしても自分の都合の良いように読めば失敗は明らかだ。シャープの過大投資にその例がある。
 コンサルタントも調査分析の結果、正直に報告すればお先真っ暗でもこうすれば立ち直れると再建の道筋を示さないといけない。わらをもつかむ思いでコンサルに依存されればともに沈没することになる。

 ゴルフに例えればトーナメントプロではなく、(ワンポイント)レッスンプロであれば良い。
 得意分野の登山に例えれば、冬山に登るのにプロのガイドに依存することは無い。自分で判断して行くか撤退かの判断の余地を残しておきたい。ガイドの判断にゆだねて随行し、遭難死しては後悔のしようがない。
 冬山登山でも「悪天候は人を死地に追い込むためにあるのではないということである。厳冬1月も寒冷さ、風雪の狂う高所では、人の生存を拒否しているようであるがそこへ登ろうとするものは、それがどのようなものかは、すでに分かっているはずである。また、それに立ち向かう自由と、さける自由は登山者自身に許されている」の考え方は会社経営にも適用できる。
 経営者自身が判断するから価値がある。成功者ならベンツに乗れるが失敗ならブルーシートの住人になるかも知れない。困難を押して成功すれば喜びは倍加する。これがあるからリスクを掛けるのだ。社会的に価値がある事業と認めれば人もカネもついてくる。

 さて戌年は笑うという。今年くらいは笑わせてもらえるだろうか。

見積書投函2017/12/20

 12/13の2次面談の企業宛の見積書を作成し投函した。先方の業務内容は現段階では100%把握できず想定した範囲で見積もることとした。顧問料も大幅に減額した。
 成約すれば昨年秋以来10社ほどのシニア人材の面談会の初の成果となる。多い人はもうすでに10社近くクロージングして成果を収めている。それにあやかりたいものだ。幸い、もう1社来年1月中に2次面談を予定している。最終的に5社程度の顧問先を確保したい。
 今年の事務所の仮決算をしても本業の報酬に余業の山岳書の印税、新聞への寄稿の原稿料を加えても年間経費をカバーできず大幅赤字になった。持ち出しが多くなると廃業も考慮せねばならず、来年度は正念場になる。

シニア人材2次面談に行く2017/12/13

 先般、岐阜信金の支店でシニア人材面談会で2社面談した企業のうち1社から2次面談の要望があった。午前番で銀行から病院へ支払いの仕事を終えて、名古屋市郊外の企業へ行く。主力企業のほか、社長の個人経営の育成中の事業もあり、話は多岐に亘った。かといって、社員と違い、限られた日数で何でも関われることでもないので後日見積りを出すこととして退社した。

「東海地区」大シニア人材面談会に行く2017/12/12

 今回は信金さんではなく、名古屋市駅前のウインクあいちのビルの一室で地銀の関与先の企業との面談会であった。面談は2社。
 うち1社は整合するスキルではなく、話の中から糸口を見出そうとしたが、深刻な人材不足を嘆いておられ、実弟の人脈の紹介を約して終わった。
 もう1社は、事業は経営者の考え方1つを目の前で見るように夢の多い企業であった。日本経済全体では世界でもっとも恵まれているにもかかわらず、悲観論が多い中で、才覚を生かして事業を展開し伸ばそうという意欲があった。こんな企業こそ応援したくなる。もちろん2次面談の希望を出しておいた。

豊川信金シニア人材交流会に参加2017/12/07

 本日は午後5時から30分間の中産連と豊川信金共催の面談会に出席した。交通費は支給されず、高速代を節約のため県道57からR1を経て県道5号線を走った。13時前に出て約50km、2時間弱かかった。一旦指定の有料Pに入ってお稲荷さんを参拝した。それでも時間があり過ぎるので、Pを出て喫茶店で時間をつぶした。
 会場は昨年と同じ、豊川稲荷に隣接した研修センターで行われた。3社申し込んだが割り当ては1社しかなく効率が悪い。先方の企業さんも7人のシニアを相手にしておられるので人材確保に熱意を入れているのだろう。時間がきて面談に入った。予め配布された資料に基づいて質疑応答の形で経営課題を話題にしつつ自分のスキルも売り込んだ。25分ほどで時間となった。果たして企業さんの琴線に触れる話ができたであろうか。

岐阜信金シニア人材交流会に出席2017/11/22

 今日は午前中からシニア人材交流会に出席した。場所は中村公園駅付近の岐阜信金の支店。尾張地域の企業さん2社と各30分の面談。相手企業の課題と支援内容についての対応可能性について面談した。書面に現れた課題とは不一致だったが、関係の深い実務経験をたな卸しする話の過程で、企業内の身内だけの経営体制からの脱皮が、使う使わないの可否の判断になるだろう。
 昼休みの1時間は徒歩5分で豊臣秀吉を祀る豊国神社に参拝。出世、開運を祈願した。秀吉はここで生まれたという。

豊橋信金「シニア人材交流会」に出席2017/11/10

 昨日は豊橋市でシニア面談会に出席。小さな食品会社ながら戦前の創業という。ベテラン経理マンが亡くなったとかで、社長と経理会計のサポートで話をしました。銀行対応も依頼されました。
 本業以外にも外国人実習生を採用しているので在留資格の延長の相談をされました。いま、調べたら実習期間の1年が終わったら直ちに帰国なんですね。もっと長期に雇用したいようです。
 会社の工程を調査して、1人当りの生産性をあげることも考えてみたい。ロボット化、手作りで付加価値を高めるとか、販促にも協力を依頼されました。豊橋は験のいい土地なので決まると良いなと思います。野球でいうワンポイントリリーフをイメージしましたが多彩な要望に期待が持てます。
 夕方になって、先月面談した富山県の会社から二次面談の要望が来ました。昨年秋から10社くらい面談してきましたが二次面談まで進むのは初めて。会計ソフトのカスタマイズのノウハウがないようです。その日の取引はその日に入力し、すぐに債権債務の状況の把握ができるようにしてあげることです。ここも決まれば毎月富山県に行く機会ができる。
 そんなわけで来年に期待が膨らみ、財布のひもを緩めて日本酒「小牧山」という銘柄にひかれて買いました。山星酒造って聞いたことがあるぞ。そうか、社長は山岳会の会員だった。祖父はイチビキの創業者で中村慶蔵といい、戦前の日本山岳会の会員。本醸造 星盛 辛口 美味い!

「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講2017/08/01

 名駅前のウインクあいちで中部経済産業局主催の「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講しきた。
1中小企業・小規模事業者におけるシニア人材の活用について
講師:長屋義道氏
・・・マッチング後の成約率は279人が参加して2次面談まで行けた人は32人で30%程度。
・本音は常勤が欲しい。
・企業側が自分自身をよく把握していない。
・経営コンサルに近い要望。
2シニア人材としての「新しい働き方」
講師:㈱クオリティ・オブ・ライフ 
社長 原 正紀氏
・・・パワーポイントを活用。グラフや数字を示して説得力のある訴え方をされた。この10年間で100万社が廃業、倒産などで減少。大企業のコスト締め付けが厳しいとの不満があること、質の面で人材不足を指摘。中小零細にわざわざ応募してくる社員はいない。結果、シニア人材が入り込む余地はある。いろいろ説明されたが、総じて言えば後講釈が多かった。みな分かっていますよ、ということ。説明力はあるのに何も残らなかった。
3中小企業が求めている実務支援とは何か
講師:理事 福山 穣氏
・・・この方も後講釈に終始した。みな分かっていることばかり。要するに中小企業の本音はシニア人材=高齢者なので採用はしたくない。ワンポイントで活用はしたい。結果、人件費のローコスト化である。ではどうしたら出会いが生れるか。
4事例紹介
中小企業で活躍しているシニア人材~中小企業支援を知る
講師:キズキコーポレーション 斎藤秀一氏
・・・大手有名企業を中途退職した55歳という。マッチング会を利用して顧問先を数社獲得された。推察するにやはり斎藤氏の若さ、馬力に期待された面があるように思う。
以上
シニア人材の定義は
1退職者
2企業に専属せず、専門性を生かして働いている方
3特定の専門分野で10年以上の職歴を持っている方
4企業経験を生かして(実務経験が大切)中小企業診断士、技術士、技能士、公認会計士、税理士などの公的資格を取得してきた方
5特定の業界特有の課題に精通している方
になる。
ほぼ全部を満たすからぴったりなはずだが、前年度は縁がなかったということである。今年度も多数開催されるのでなるだけ参加してみたい。

北陸初のシニア人材マッチング会に参加!2017/02/22

 2/21はシニア人材マッチング会が富山県高岡市で行われたので私も参加してきた。定年後も仕事から離れずに生きるために行政書士事務所を開業したが60歳から66歳まではなんとか仕事を確保したが昨年秋に切れた。
 切れた翌月にメッセナゴヤ2016で中産連に登録しておいた。各地の信用金庫と企業がシニア人材への要望(ニーズ)を探って、シニアとのミスマッチを防止するための面接の機会を設けてくれる仕組みができた。
 これを経済産業省傘下の中産連が介在して登録したシニアにメールで募る。シニアは提供できる能力のニーズに応募し、中産連が整理して、シニアに知らせる。応募しても多数の応募者があると機会から外れる。大体豊田市との隣接の信金は応募しても最初から外れた。
 おそらくトヨタと関連企業群から毎年大量の定年退職者が出るからそれだけ競争が激しいということだろう。全国から一流大学を出た優秀な人材がトヨタと関連企業に就職してくる。キャリアを積んで余力を残しながら退職する。活用しなければもったいな話である。そのせいか、中産連のトップはトヨタの元役員が担っている。
 これまでに岐阜市、一宮市、豊川市、四日市市、名古屋市、西尾市、瀬戸市の信金に応募してきた。
 国の狙いはものづくりの中部の企業に寄与するとのこと。したがって、ニーズは生産管理、品質管理、研究開発等が多い。得意分野の財務やシステム分野はニーズそのものが少ないこともあり、半数は面談以前に断られ、面談したのは数社に過ぎない。しかも時間は25分程度とあって話がかみ合った頃に時間切れになる。
 さて、昨日は3信金合同で、高岡市の二上山山麓のポリテクセンター富山で行われた。経産省の役人の話ではこれまで11回行われたそうだ。北陸は初だそうだ。3信金で74名のシニアが面談に挑んだ。1社に対し、14時から17時30分まで25分刻みで7名が面談する。車のナンバーを見ると富山が圧倒するが石川県、関西、関東、東海も見られる。高速や新幹線のお陰で時間距離は短縮されたから幅広く来られるわけだ。
 この度に面談の機会を得られた企業は財務管理が第一課題とするが、年商規模が小さく、まずは貸借対照表の数字を大きくしないとシステム投資に耐えられない。つまり販路拡大が先決と見て話の中心はそこになった。実際の経営者と社員、現場、実際の財務諸表等何も提示されないから、印象としてはインターネット時代に乗り遅れているなと感じる。モノを購入する層は今やスマホから入る。SNSから知る。
 子供時代、越中富山の薬売りに何度もお世話になった。薬売りは歩く薬剤師(行商人)だったのだ。それが今はドラッグストアになった。商品知識は新聞→TV→インターネットに主流が移った。地下鉄で観察しても座っている若者20人中全員がスマホになり、新聞、TVは老人の専有物になった。
 時代の変化に対応できないとどんな企業、組織、団体、個人も取り残される。それは自分の事業とて同じである。つい先日、週刊誌2誌の広告に士業ビジネスの凋落を大見出しで告げていた。報道はされないが法科大学院は今や重荷になっている。入学者が定員を割って、教授を解雇したいが有識者だけにそれはできないらしい。
 この度の数々の交流会はまだ2次面談の話まではいかないが凄い社会勉強をしているんだと思わないないではいられない。