「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講2017/08/01

 名駅前のウインクあいちで中部経済産業局主催の「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講しきた。
1中小企業・小規模事業者におけるシニア人材の活用について
講師:長屋義道氏
・・・マッチング後の成約率は279人が参加して2次面談まで行けた人は32人で30%程度。
・本音は常勤が欲しい。
・企業側が自分自身をよく把握していない。
・経営コンサルに近い要望。
2シニア人材としての「新しい働き方」
講師:㈱クオリティ・オブ・ライフ 
社長 原 正紀氏
・・・パワーポイントを活用。グラフや数字を示して説得力のある訴え方をされた。この10年間で100万社が廃業、倒産などで減少。大企業のコスト締め付けが厳しいとの不満があること、質の面で人材不足を指摘。中小零細にわざわざ応募してくる社員はいない。結果、シニア人材が入り込む余地はある。いろいろ説明されたが、総じて言えば後講釈が多かった。みな分かっていますよ、ということ。説明力はあるのに何も残らなかった。
3中小企業が求めている実務支援とは何か
講師:理事 福山 穣氏
・・・この方も後講釈に終始した。みな分かっていることばかり。要するに中小企業の本音はシニア人材=高齢者なので採用はしたくない。ワンポイントで活用はしたい。結果、人件費のローコスト化である。ではどうしたら出会いが生れるか。
4事例紹介
中小企業で活躍しているシニア人材~中小企業支援を知る
講師:キズキコーポレーション 斎藤秀一氏
・・・大手有名企業を中途退職した55歳という。マッチング会を利用して顧問先を数社獲得された。推察するにやはり斎藤氏の若さ、馬力に期待された面があるように思う。
以上
シニア人材の定義は
1退職者
2企業に専属せず、専門性を生かして働いている方
3特定の専門分野で10年以上の職歴を持っている方
4企業経験を生かして(実務経験が大切)中小企業診断士、技術士、技能士、公認会計士、税理士などの公的資格を取得してきた方
5特定の業界特有の課題に精通している方
になる。
ほぼ全部を満たすからぴったりなはずだが、前年度は縁がなかったということである。今年度も多数開催されるのでなるだけ参加してみたい。

名銀ハートフルプラザ電債セミナー「電子記録債権の活用法」を受講2017/07/27

 以前から気になっていた電子記録債権の手続きと実態について若干の知識を得たいと受講してみた。建設業許可事業年度終了届にも電子債権の項目があった。但し、建設業法の会計にはまだ反映されていないので受取手形に相当する科目として合算した。
 場所は大名古屋ビルヂング16Fの名古屋銀行ハートフルプラザだ。昨日に続いて連ちゃんだ。
 今日も満席だというからやはり関心は高い。これからの時代を考えると必至ではあろう。
 株式投資は既に証券保管振替機構(ほふり)が機能しており、株式の売買の電子情報化に先鞭をつけた。株券というモノではなく、電子記録で瞬時に処理される。
 すでに会計もクラウドコンピューティングが浸透しつつある。銀行の自動振替に連動して仕訳不要というのだから会計データの入力が不要になってきている。
 そんな時代にあって支払い業務だけが旧態依然で居れるわけがない。これまで伸展しなかったのは銀行協会の手形交換所のシステムがよく出来過ぎていたからである。いわゆる慣習法という半年に2回不渡りを出すと銀行取引停止処分のシステムは電子情報化しても当然引き継がれる。受講時間は1時間ほどなので込み入った話はできない。最後は走った観があるが、講師に手形交換所をインターネット上に置いたイメージですね、と念を押したら否定はしなかった。
 現行の手仕事との比較ではいいことづくめの説明だった。しかし、電子化したって、会計と経理の知識がなくてもいい訳ではない。会計経理要員はむしろ複雑なITとソフトの知識と堪能さを求められると思う。電子化は決して人事コストを下げる訳ではなさそうだ。
 社内で養成できないと、アウトソーシングで法外な手数料を取られるし、会計ソフトでも一旦使いだすと他者への乗り換えが簡単ではない。つまり、アウトソーシングの相手に取り込まれるのであるから、担当者は騙されないためにもいっそう深い知識が必要になる。知らないと相手の言い値で通ってしまう。決してコストダウンにはならないというのはそういう意味である。金融商品の購入と同じで一種の詐欺だと疑う最新の注意が必要だ。

シニア人材への企業ニーズ22016/11/12

 11/11着信の中部産業連盟のメールにも追加でシニア人材を募る内容があった。三河地方の信金で、5社あり、その中で2社にマッチング相談会に応募した。
 1社目の支援要望は私の本業そのものの財務関係でITの経験をとうものだった。即ち、部門別原価管理と請求書の回収が遅れて試算表が適宜に作成できないという問題を抱えているという。
 それなら私が30歳代から取り組んで改善を施してきた業務であり、SEを使う立場の経験も豊富にあるのでもっともマッチングする企業である。あの当時は当初、高性能な中型電算機でコマンドを入力して動かしていた。次は非力なオフコンになり、SEの常在が不要になった。IBMのOS2を経て、ウィンドウズPCになった。めまぐるしい変遷を経験してきた。しかし、それはハードウェアとソフトウェアのことであり、業務の基本の仕組みと流れは変わらない。
 以前はすべてSEと相談してプログラムを組んでもらっていた。プログラマーにソフトの不具合や一部の変更を依頼した。今はソフトが既製品になった。若干カスタマイズ(手直し)するだけで巨額のIT投資が軽減される。ほぼ30年間はそんなことをやってきたわけである。
 2社目は社員数名の零細企業である。発足したばかりで、総務の書類即ち社員規定、就業規則等の整備の支援であった。社労士の専門分野であるが権利義務の書類作成の範疇に入る。もう一つは建設業であることから将来、親会社から建設業許可取得を迫られることは必至と見られ、定款や建設業会計についてのアドバイスができると思われたので応募した。契約書、請求書、注文書、領収書等書類の整備が必須である。社会保険の加入も必須。技術者の確保、経営者の経営年数など考えらるハードルを小さいうちから積み上げて行けば許認可を取りやすい。

起業する前にするべきこと2016/10/01

 「ニッポンの社長」というHPに居酒屋の和民の創業者・渡邊美樹氏の話が掲載されている。
 その一部を転載すると

 曰く「大学卒業後は、会社経営に必要な経理の勉強をするために、ミロク経理という会社に入社する。ミロク経理は当時、急成長ベンチャーとして知られた会社だった。そこで半年間勤め、バランスシートの読み方を覚えると、次に起業資金を貯めるために佐川急便のSD(セールス・ドライバー)に転職する。

 佐川急便の仕事は、月収43万円という高給だったが、その労働環境は過酷なものだった。一日の労働時間は20時間近く。さらに大卒の渡邉に対する風当たりも強く、先輩SDからのイジメが絶えなかった。そんな状況下でも渡邉が決して逃げ出さなかったのは、「お金を貯めて会社を創る」という夢があったから。渡邉は1年間で、300万円という資本金を貯め、佐川急便を後にした。」

 経歴を見ると大学時代から企画力が旺盛だったようだ。ないモノを創る仕事に人生を見出したわけだ。上記の転載部分は起業する前に会計知識が必要であったことを知っていた。
 しかし、簿記検定とか会計士の資格に挑むわけでなく、最初から実務を把握するためにミロク経理に入社して給料をもらいながら学んだ。カネを払って勉強するのではなく、カネをもらって且つ学んだ。
 他人よりも優位に立って雇われるために資格をとるのではなく、最初から人を雇用する会社経営を視座において学んだ。そこに非凡な才を見る。

 起業の要件は1人2モノ3カネと単純化していわれる。カネの中には資金調達だけではない、会計の知識を含めていたのである。

 これまでの仄聞も含めて見聞をいえば、会社をつぶす経営者はおおむね会計の知識が乏しいことがある。

 起業成功率は1年で40%、5年で15%、10年で6%というデータがある。さもありなんと思う。

 原因と対策
1お金をかけ過ぎる
・・・身近な例として、最初から毎月15万円の駐車場付店舗を借りて、オフィス家具も新品で揃えたが、行き詰まってしまった人がいた。思うように売上が伸びなかったので自己資金を使い果たしたのである。
 また、知人の親族は先祖伝来の山を担保にして資金調達し、料理屋の規模を拡げたものの売上が伸びず、借金の返済に困窮し資産を失った。今は個人の料理屋に戻ったという。

 起業時は中古家具でスタートして資金を温存したい。見栄をはるのも商売上必要なこともあるが力をつけてからでも良い。身の丈にあった資金の範囲でやることだ。

2ブームは必ず去る
・・・私どものような行政書士業界でも時代による流行り廃りがある。海外旅行ブームの際はパスポートの代理申請でも大きく儲けた人がいたことを新聞で知った。しかし、今はだれでも自分でやるからブームが去ったといえる。弁護士、司法書士でもサラ金訴訟の代理で大きく儲ける士業がいたが今はブームが去った。

3手を広げ過ぎ
・・・ブームを本物の需要と思い投資したら終焉して重荷になった事例はあまたあるだろう。資金は目いっぱい使って効率よく経営するのが正しいとばかりに手を広げ過ぎるのである。
 儲けは必ずしも余裕資金になるとは限らず、余裕資金は儲けとも限らない。勘定合って銭足らず、の言葉をよく知っておきたい。とりあえずは定期預金で運営するとか、バランスシートを見て投資の決断をしたい。

4事業計画の杜撰
・・・1から3までを眺めてみれば長期的視点が大切と思わされる。一時のブームに踊らされず、資金を蓄積しながら真坂の急変にも対応しておく心がけが必要である。

後見事務2016/09/01

 被後見人の年金受給額の知らせの再発行が届く。事務所でスキャンしてデータを保存。経費を一部追加して本人収支予算表を修正した。ともに監督人へメールで送信した。
 午後、顧問先で顧問税理士に会う。今回の決算を以って会計業務を正社員に引き継いだことを報告した。

会計業務2016/08/26

 決算の報告のために出社。前期の決算書を分析して社長に説明する。また会計業務の最終報告にもなった。一応、6年近くに亘る会計業務と行政書士契約の解除になる。
 2010年の開業後、2か月してあいさつに訪れたらいきなり会計業務を依頼された。それ以来、事務所の売上の大黒柱となったが、正社員の育成と社員の増加で労務事務が増えて対応が難しくなっていた。
 また下請けとの紛争中の悩みもあって契約書の相談も受けた。見せてもらうと和議法時代のコクヨの市販の契約書をコピーして使っていた。これではダメということでアップツーデートな内容にした。今は会社再生法の時代である。BtoBの契約書以外に協定書も作成して会社の業態にフィットした契約書体系を提案した。以来、10社くらい取引の辞退があったがトラブルは聞かないから有効だったのだろう。
 こうして良好な業務の推移ではあったが非常勤の限界も感じていたこともある。2年位の積りが正社員の確保が難しく、5年目にしてようやく入社を見た。失業者が多数いるようで会社の目的に適う人材は中々に得難いものである。
 今後は本来のスポットの仕事の獲得に向けて知恵を絞ることになる。

後見事務2016/08/21

 後見事務報告書の最終チエック、1年間の収入と支出の基礎データ集計を作成。それを元に本人予算収支表を作成した。続いて秋の臨時福祉給付金の申請書を作成して投函する。秋は3000円である。コスモス愛知の総会の出欠はがきも投函した。会計業務と決算に関する報告書を作成して、24日以降社長に提出する。請求書も同時に起しておく。
 今日午前10過ぎ、事務所入りの時は残暑厳しい感じがしたが秋らしい青空が見えて空気は乾燥している。暑いながらも凌ぎやすい気がする。昨日までは頭がぼうっとして着手できなかったが、今日は昼食抜きで集中的に処理した。すべて終わったら16時30分だった。
 今朝、実弟からの電話で実弟の妻の父親が亡くなったらしい。母親も少し前に亡くなった。葬儀に出てくれというので久々に帰省する。22日通夜、23日葬式に出席することとした。

決算事務&後見事務2016/08/19

 午前中は歯科医院でブリッジ治療後のメンテナンスをしてもらう。被後見人の病院へ更新後の健保証を提示しに行く。給油など雑務を済ます。
 午後は顧問先を訪問し、正社員に託した決算業務の点検をする。一部未処理があり再度決算処理をしてもらう。3年前から来年にかけての推移を含めて、数字の語るものをまとめる。来週中に経営者宛に決算報告を行うこととして退社した。丸の内に移動後、後見事務のまとめに入る。

会計業務2016/08/09

 9:00~13:30まで執務。今日も決算業務の最終仕訳の入力前のチエックをする。昨日見つかった負債科目の残高がマイナスになるのは仕入れより相殺する赤伝が多く、やむを得ないものと判明。最終的にソフトから決算書をアウトプットして、全体的に異常値や位置的におかしな数値がないことを確認した。社員には決算仕訳の入力、決算書プリントアウト、帳簿のプリントアウトなどを打ち合わせしてお盆休み明けに再確認することとした。

会計業務2016/08/08

 9:00~17:30まで執務。いよいよ決算の最終仕訳の段階まで来た。以前に打ち合わせた決算仕訳の再確認を行う。少額資産の集計と固定資産ソフトのシステムの不整合があってスムーズには行かないことを確認した。一旦資産に登録するが少額資産への振替ができず、削除して再度登録するため、データ入力の連続性が途切れて追跡できないのは致命的な欠陥であろう。ソフト会社にも同じような問い合わせが多数あるらしい。改良を望みたい。仕訳のうち、消費税関係の細目の最終チエックに入ることとする。