フィンテック2017/11/15

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23401690T11C17A1SHE000/
フィンテックは福祉も変えられる 渋谷彰久氏 山梨県立大学教授(民法・金融法)  私見卓見

高齢者や認知症患者などの意思能力が不十分な人の金融機関での預金取引が増えている。成年後見制度や信託制度による財産管理が積極的に利用されるようになったためだ。一方、高齢者等の預金を管理する後見人の横領や親族後見人による経済的な虐待が社会問題ともなっている。

 政府の成年後見制度利用促進基本計画では、成年後見制度を利用する人が自己名義の預貯金口座の維持を希望した場合に、後見人がこれを適切に管理・行使できる方策を検討するよう金融関係団体や各金融機関に求めている。

 現在も「後見制度支援信託」という仕組みはある。親族を後見人にする場合、現預金を信託財産に移転し、その払い戻しには家庭裁判所が発行する指示書を必要とすることで不正行為を防ぐものだ。

 しかし支援信託は、信託銀行を中心とした特定の金融機関に商品性が限られている。信託できる財産は現預金だけで株式や投資信託などは受け入れない。他の金融機関の既存口座を解約し、信託口座に集約することも求められる。

 財産管理に信託を使うメリットは本来、不動産を含めた幅広い資産をまとめて信託し、受益者のために設定することだ。支援信託のような預金類似型では効果を十分発揮できない。既存の預金口座をそのまま利用でき、対象となる金融資産の範囲を広げ、本人の身上保護となるような制度がつくられるべきだ。

 そこで期待されるのが「福祉型フィンテック」である。後見システムと連動した、簡便かつ高度なセキュリティーを持つ金融技術だ。

 政府の基本計画は、全国どこでも成年後見制度を利用できるように、権利擁護支援の地域連携ネットワークの構築を求めている。法人後見や複数の後見人にも対応する機能を本人の財産管理に組み込む必要性を指摘している。

 そのためには、特定の金融商品に限らない汎用的な金融サービスが社会インフラとして求められる。例えば、社会福祉協議会が運営する後見センターや弁護士事務所による法人後見が直接、金融機関に指図権を行使することで、支援信託と同様の不正防止機能を担保するといった商品だ。

 フィンテックにより全国どこでもカギのかかる預金口座や金融資産を持つことは技術的には十分可能だ。地域ネットワークの中で様々なサービスが可能となるように福祉分野においてもフィンテックの積極的な活用が求められる。
以上
wikipedia には
フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、「finance(ファイナンス)」と「technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される[1]。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる[2]。
国内公的機関等においてはフィンテック企業は「電子決済等代行業者」と表現される事が多い。
以上

これでは何のことか分かりにくい。
実例として
自動で家計簿が作れるクラウド家計簿:

手書きで家計簿をつけなくても、自動で家計簿をつくることが出来るクラウド家計簿も、フィンテックとして有名なサービスです。

従来、家計簿を付けるためには銀行通帳やレシートとにらめっこをしながら1つ1つ、手書きでつけていく手間がありましたが、現在ではクレジットカードのネット明細や電子マネーの利用履歴などをひとまとめにし、自動で家計簿を付けてくれる仕組みが出てきました。

従来:自分で家計簿を付ける
今後:自動で家計簿が出来上がる

クラウド家計簿分野の有名企業だとマネーフォワードやfreeeなどがありますね。私も利用していますが、これらのサービスを使うと銀行口座残高、月収、食費や交際費などの支出などが一目瞭然でわかるようになるため、手書きで家計簿をつけるのがほんと馬鹿らしくなります。
以上
なるほどと思う。
 それはそうだが、freeeにしてもあとあとのサービス継続にはかなりの手数料が発生しそうなイメージである。
 後見支援信託でも、扱う弁護士に15万円相当の手数料が被後見人の財産から支払われている。セキュリティーのためとはいえ、高度な技術依存はダメージを受けた際のバックアップも欠かせないだろう。
 選択肢が広がるのは良いが、一律に一斉にこれを採用せよといったことにならないように望みたい。

名古屋市守山区の”福祉まつり”に参加2017/11/13

 午前8時30分、オープニングに間にあうように地下鉄・八事出乗り換え、茶屋ヶ坂で下車、市バスを乗り継いで、守山区小幡駅に行く。9時過ぎに着いてしまったがコスモスあいちのブースにあいさつに行く。1名が先着していたが主担当者はまだだった。準備を手伝うことは何もなく、時間まで近くの喫茶店でゆっくり過ごす。
 9時50分に小幡駅前に行くとオープニングセレモニーが始まった。太鼓が雄々しく鳴り響き”まつり”の雰囲気をいやがおうにも高めている。委員長らとりしきった人らのあいさつと市議、県議、国会議員らが並んで簡単なあいさつをされた。
 神輿が会場内を練り歩くところでそれぞれがブースに散って行った。会場内はほとんどが高齢の主婦層から若いママさんまで女性が主体の雰囲気に包まれていた。手作りの品々、食べ物コーナー、物販コーナーなども女性がしきっている。
 コスモスあいちのブースは2Fの事務所の入り口にあり、畳1畳分の狭い部屋をあてがわれて開店した。机2つ、椅子2つの簡素な相談コーナーであるが居候の身分なのでいたしかたない。すでに相談者が1人訪れていた。閉店の午後3時までにこの1名だけだった。
 今年は人出は少ないとの観察であった。小春日和で天気がよく行楽に出かけた家族が多いのだろう。5時間が経過、3時が過ぎて片づけが終わり、解散した。

後見事務2017/11/01

 午前10時過ぎ、自転車で取引の金融機関に走る。本日付の定期預金の満期による書替を手続きする。これで年内は書替はなしとなった。昨日の監査と今日の書替で用のない通帳と証書を貸金庫に入庫に行く。自転車は駐車場の混雑と無関係なので便利だ。適宜活用する。

後見事務2017/10/31

 夕方、監督人の事務所へ向う。7/1から9/30の資金の動きを書面で報告した。最新の預金、通帳のコピーと財産目録を提出した。今月は実質2ヶ月分しかなく簡単に終わった。
 点検後、雑談で、名古屋家裁の30歳代の若い裁判官が急死されたことを知った。病名は心筋梗塞らしい。若くして責任の重い立場に立っての仕事なのでストレスであろうか。御冥福を祈る。

後見事務2017/10/13

午前中、自転車でモーニングコーヒーを飲みに喫茶店へ行く際に近くの銀行の通帳記入を済ます。ゆうちょ銀行も行ったが15日の入金は週明け16日になる。
 帰宅後、支度して銀行へ。病院からの請求書に基づき引き出して支払う。15日入金予定の年金も2日前倒しで入金されていた。
 丸の内に行き、取引をソフトに入力しておく。これで病院の預け金の9月30日現在の精算の記帳もすべて終わった。7/1から9/30の3ヶ月間の後見事務をまとめた。
 昨日のうちに通帳と証書のコピーを済ませておいたので、今日の動きのあった銀行の帳面のコピーを追加する。財産の一覧表を更新して1件ごとにチエックする。通帳と帳簿の誤差がないことを確認して正式な書類を作成する。1部はコスモスあいちに届けた。もう一部は監督人に連絡して後日監査をしてもらう。

後見事務2017/10/04

 午前中は被後見人の定期預金の書替に行く。貸金庫から通帳を出庫して、取引2行をまわる。特にゆうちょ銀行は手間取った。午後は丸の内で事務処理を済ませる。今月末は早やも監査が入る。8月9月の記帳を見直し書類作成を準備していくことになる。

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター総会2017/09/16

 9月15日午後3時から表記のイベントが行われた。員数的には微減となったことが気になる。行政書士が増加の一途なのでコスモスにも入会者は増加中なのだがそれ以上に退会者が多いということ。
 市内の会員に、依然として名古屋家裁から御指名の受任者がいない。名古屋市内も尾張地域にならって組織的に広報活動を活発化してきたので数年以内に成果が出てくると期待する。
 役員の交代があった。愛知県支部は増田支部長から内藤氏になった。スタッフは補充程度に代わった。心機一転。活動の予算も今後はつかうとのことで広報がより活発化するだろう。
 総会後は近くの飲食店に移動し、懇親会になった。当方は宴会出席者では最高齢になったので乾杯の音頭をとった。活発な議論に、最初は冷房が効きすぎていると思ったが、熱気でちょうどよくなった。本当は総会での議論の応酬があるのが理想である。中々会員同士のコミュニケーションの場も無いので意義ある時間ではある。

後見事務2017/09/13

 病院からの請求書がきたので相当額を引き出して支払う。同時に先週の家裁から成年後見人と監督人の報酬付与の審判も降りたので相当額を引き出す。監督人へは直ちに振り込んだ。丸の内に移動して会計ソフトに入力しておく。
 その他、個人の日本年金機構と証券会社にマイナンバーを告知する書類を署名押印して送付した。何かと複雑になってきた。

後見事務2017/09/05

 監督人からの連絡で後見事務の監査が済んで家裁へ提出されたらしい。あとは家裁からの疑義がなければ完璧だったことになる。とりあえず、資料として預金証書類は不要になったので、手元に置いておけない。
 盗難、紛失、火災、災害など何があるか分からないので銀行の貸金庫へ保管しに行った。アクシデントは無いと思うよりあると思った方が良い。北朝鮮の核やミサイルで国際社会は騒然としているように、世の中は意地の悪いものであり、不都合なことのみ多いものだ。
 1年間の後見事務の肩の荷が下りた気になった。今夜は缶ビール+チューハイの2本建てとした。
マンションの清掃費の請求書が届いたので送金手続きを済ませた。

後見事務2017/08/31

 午前中に被後見人の定期預金の書替を済ませる。丸の内に移動、ソフトに取引を入力。一昨日、監督人に提出した後見事務のまとめのうち不明箇所などの説明資料を作成し、夕方郵便で投函した。