名古屋市守山区の”福祉まつり”に参加2017/11/13

 午前8時30分、オープニングに間にあうように地下鉄・八事出乗り換え、茶屋ヶ坂で下車、市バスを乗り継いで、守山区小幡駅に行く。9時過ぎに着いてしまったがコスモスあいちのブースにあいさつに行く。1名が先着していたが主担当者はまだだった。準備を手伝うことは何もなく、時間まで近くの喫茶店でゆっくり過ごす。
 9時50分に小幡駅前に行くとオープニングセレモニーが始まった。太鼓が雄々しく鳴り響き”まつり”の雰囲気をいやがおうにも高めている。委員長らとりしきった人らのあいさつと市議、県議、国会議員らが並んで簡単なあいさつをされた。
 神輿が会場内を練り歩くところでそれぞれがブースに散って行った。会場内はほとんどが高齢の主婦層から若いママさんまで女性が主体の雰囲気に包まれていた。手作りの品々、食べ物コーナー、物販コーナーなども女性がしきっている。
 コスモスあいちのブースは2Fの事務所の入り口にあり、畳1畳分の狭い部屋をあてがわれて開店した。机2つ、椅子2つの簡素な相談コーナーであるが居候の身分なのでいたしかたない。すでに相談者が1人訪れていた。閉店の午後3時までにこの1名だけだった。
 今年は人出は少ないとの観察であった。小春日和で天気がよく行楽に出かけた家族が多いのだろう。5時間が経過、3時が過ぎて片づけが終わり、解散した。

豊橋信金「シニア人材交流会」に出席2017/11/10

 昨日は豊橋市でシニア面談会に出席。小さな食品会社ながら戦前の創業という。ベテラン経理マンが亡くなったとかで、社長と経理会計のサポートで話をしました。銀行対応も依頼されました。
 本業以外にも外国人実習生を採用しているので在留資格の延長の相談をされました。いま、調べたら実習期間の1年が終わったら直ちに帰国なんですね。もっと長期に雇用したいようです。
 会社の工程を調査して、1人当りの生産性をあげることも考えてみたい。ロボット化、手作りで付加価値を高めるとか、販促にも協力を依頼されました。豊橋は験のいい土地なので決まると良いなと思います。野球でいうワンポイントリリーフをイメージしましたが多彩な要望に期待が持てます。
 夕方になって、先月面談した富山県の会社から二次面談の要望が来ました。昨年秋から10社くらい面談してきましたが二次面談まで進むのは初めて。会計ソフトのカスタマイズのノウハウがないようです。その日の取引はその日に入力し、すぐに債権債務の状況の把握ができるようにしてあげることです。ここも決まれば毎月富山県に行く機会ができる。
 そんなわけで来年に期待が膨らみ、財布のひもを緩めて日本酒「小牧山」という銘柄にひかれて買いました。山星酒造って聞いたことがあるぞ。そうか、社長は山岳会の会員だった。祖父はイチビキの創業者で中村慶蔵といい、戦前の日本山岳会の会員。本醸造 星盛 辛口 美味い!

生活保護の相談③2017/11/06

 朝一で地下鉄に乗車、市バスに乗り換えて徒歩で区役所へ向かう。待ち合わせ場所で依頼人と合流し、区の相談窓口で予めアポをとってあったS係長と相談した。様々な切り口で相談して依頼人の生活困窮を少しでも解消する方策を引っ張り出したかったが、結果は生活保護費の受給は出来ないこととなった。
 そうかといって現時点で生活費の不足はいかんともしがたく、何らかの方法をださねばならない。市営住宅入居とか、困窮者向けの融資制度の紹介もしてもらった。或いはリバースモゲージの紹介もあったがこれは意外だった。その中で融資の窓口は社会福祉協議会ということなので区の方は一旦引き上げて社会福祉協議会に同行した。
 融資制度の紹介から話を引き出したが、結果はノーだった。そこで内職の勧めがあった。こんな窓口でも内職の斡旋があるのは意外だった。融資は利息をつけて返済せねばならない。小額でも労賃であれば返済はしなくとも良い。
 何でも当って砕けろというごとく、話はして見るものである。これで結論が出たことにはならない。それでも依頼人が自分の頭で窮状の打開策を考えるヒントにはなった。

 人生は自己責任である。どう生きるか、それは本人の意思に任されている。生活保護の申請にも至らなかったのは残念だが、自助努力で打開できればそれは大いなる自信になる。

 豊かな国・アメリカではフードスタンプが知られている。ウィキには「フードスタンプ (Food Stamp) とは、アメリカ合衆国で低所得者向けに行われている食料費補助対策。公的扶助の1つ。」「形態は、通貨と同様に使用できるバウチャー、金券の一種。一般のスーパーマーケットでも使用できる。対象は食料品であり、タバコやビールなどの嗜好品は対象外となる。」ということで、生きてゆくためには食料は絶対なので食べ物を買う費用を金券で支給している。比較すると日本は現金なので不正受給が後を絶たない。収入をごまかして詐取するニュースを時々、目にする。アメリカの金券でも売買があるらしく似たような問題はある。
 大切なことは行政の相談窓口をオープンにして、生活困窮者に対して冷たい対応や門前払いの無きよう切に願う。
 当職としては今、考えられるだけのことはやった。精一杯の知恵を絞った。何とか生活再建を果たして欲しいと願う。

後見事務2017/11/01

 午前10時過ぎ、自転車で取引の金融機関に走る。本日付の定期預金の満期による書替を手続きする。これで年内は書替はなしとなった。昨日の監査と今日の書替で用のない通帳と証書を貸金庫に入庫に行く。自転車は駐車場の混雑と無関係なので便利だ。適宜活用する。

後見事務2017/10/31

 夕方、監督人の事務所へ向う。7/1から9/30の資金の動きを書面で報告した。最新の預金、通帳のコピーと財産目録を提出した。今月は実質2ヶ月分しかなく簡単に終わった。
 点検後、雑談で、名古屋家裁の30歳代の若い裁判官が急死されたことを知った。病名は心筋梗塞らしい。若くして責任の重い立場に立っての仕事なのでストレスであろうか。御冥福を祈る。

後見事務2017/10/13

午前中、自転車でモーニングコーヒーを飲みに喫茶店へ行く際に近くの銀行の通帳記入を済ます。ゆうちょ銀行も行ったが15日の入金は週明け16日になる。
 帰宅後、支度して銀行へ。病院からの請求書に基づき引き出して支払う。15日入金予定の年金も2日前倒しで入金されていた。
 丸の内に行き、取引をソフトに入力しておく。これで病院の預け金の9月30日現在の精算の記帳もすべて終わった。7/1から9/30の3ヶ月間の後見事務をまとめた。
 昨日のうちに通帳と証書のコピーを済ませておいたので、今日の動きのあった銀行の帳面のコピーを追加する。財産の一覧表を更新して1件ごとにチエックする。通帳と帳簿の誤差がないことを確認して正式な書類を作成する。1部はコスモスあいちに届けた。もう一部は監督人に連絡して後日監査をしてもらう。

後見事務2017/10/04

 午前中は被後見人の定期預金の書替に行く。貸金庫から通帳を出庫して、取引2行をまわる。特にゆうちょ銀行は手間取った。午後は丸の内で事務処理を済ませる。今月末は早やも監査が入る。8月9月の記帳を見直し書類作成を準備していくことになる。

生活保護の相談②2017/10/03

 .午後から区役所の生活保護の担当部署へ出向く。生活保護の一般的な手続きや支給要件について問い質した。やはり、現在の給料で生活できているとの判断です。負債の返済については考慮の外です。これは税金を負債の弁済に回されたら安易に過ぎるからです。そんなことならまた借金してしまうからでしょう。
 しかし、支給できない話を聞いても依頼者への回答にはなりませんのでもう少し食い下がってみましたら、聞いてみるものです。別の方法で隘路が開く可能性が出てきました。これを伝えてみようと思います。
 依頼者はまだ若いし、新しく就職した会社で頑張れば給与アップ、賞与アップの希望があります。そうなれば負債の弁済を前倒しにして生活改善を図れるでしょう。決して腐らなければ手を差し伸べる人はいます。行政は最後の駆け込み先になる所です。とことん相談してみることです。

生活保護の相談①2017/09/30

 午前中は生活保護の申請についての相談でした。1人で福祉事務所へ相談に行ったら簡単に断られたとのこと。そこで生活保護の受給条件に照らしてチエックして行きました。現在の収支をみると微妙なところです。冗費はありません。本人も親も病気がのしかかっています。何とか受給できるように精細な収支表を作成して当局と相談することとしました。他の救済方法があるかも知れません。

生活保護の相談2017/09/27

 昨日は電話相談が相次いだ。1件目は生活保護の相談に関して、2件目は国際離婚の相談だった。どちらも市内の在住者だ。丁重に対応した。
 生活保護に関しては以前もあった。結果、正直に申請することであると申し上げた。今回も仕組みを知らないための躊躇があると思われた。後日、事務所に来訪をうけて相談と説明、申請支援をすることとした。
 国際離婚の相談者はアジア人女性でヨーロッパ人男性との結婚で行き詰まったとのこと。ともに永住許可を得ている。日本人としてはたどたどしく聞こえるが、在日外国人としては流ちょうな日本語である。それでも核心にふれる言葉では何度も聞き返すから日常会話に不自由はない程度のレベルである。
 国際結婚の相談かと思いきや離婚というのだから日本も国際化したものである。しかも、在日外国人同士なので厄介な手続きがいる。しかし、士業は相談をうけて正当な理由なく断ることはできないので最後まで話は聞いた。この相談者も働いているので終業後、相談にのることとした。