会計業務2016/08/26

 決算の報告のために出社。前期の決算書を分析して社長に説明する。また会計業務の最終報告にもなった。一応、6年近くに亘る会計業務と行政書士契約の解除になる。
 2010年の開業後、2か月してあいさつに訪れたらいきなり会計業務を依頼された。それ以来、事務所の売上の大黒柱となったが、正社員の育成と社員の増加で労務事務が増えて対応が難しくなっていた。
 また下請けとの紛争中の悩みもあって契約書の相談も受けた。見せてもらうと和議法時代のコクヨの市販の契約書をコピーして使っていた。これではダメということでアップツーデートな内容にした。今は会社再生法の時代である。BtoBの契約書以外に協定書も作成して会社の業態にフィットした契約書体系を提案した。以来、10社くらい取引の辞退があったがトラブルは聞かないから有効だったのだろう。
 こうして良好な業務の推移ではあったが非常勤の限界も感じていたこともある。2年位の積りが正社員の確保が難しく、5年目にしてようやく入社を見た。失業者が多数いるようで会社の目的に適う人材は中々に得難いものである。
 今後は本来のスポットの仕事の獲得に向けて知恵を絞ることになる。

研修・企業法務2016/07/27

 顧問先を退社後、愛知会へ。今日は久々に研修を受講した。
 若手弁護士による企業法務がテーマである。興味深いテーマなので受講することにした。これまでも経理代行と並行して、契約書の作成、情報漏えいの誓約書、契約書のチエックなどを受任した。
 特に契約書は仕入先に不良債権ができたという相談があって見せてもらうと和議法の時代の古い市販の契約書をコピーして使いまわしていたことが分かった。これでは太刀打ちできないので、基本契約書、売買契約書、協定書の3点セットを作成した。
 仕入先に対して不良債権なんてあり得ないのだ。
 契約書は対等というが、弱い企業に譲歩すると逆に不良債権化することになるからドライな対応が必要である。弁護士が関与すると訴訟を想定する。
 行政書士は合意の法律家というごとく、訴訟は想定しないで紛争そのものを排除するために財務内容の弱い仕入れ先を近寄らせないための工夫を凝らした。納品書は金券と同じと言う考えで対応した。商品と引き換えに必ず受取、必ず入力する。材料有償支給の事務は杜撰になりがちだ。親会社が必ずしも材料を受領しない。仕入先が受け取るが受取の確認を締切日より1日故意に遅らせて支払いを有利に運ぼうとするので当日処理を協定書で守らせた。
 当たり前のことを契約書で徹底しただけでその後のトラブルはピタッと止まった。トラブルが発生すると弁護士費用と訴訟の時間がかかる。弁護士といえども債権が全額回収できるわけではない。本日の講師もトラブルが起きてから相談されても手遅れと言うことが多いと言われた。トラブル防止が一番であることを今夜は確認した次第。

会計事務2016/04/25

 9:00~12:00まで執務。会計事務のほか、役員に誓約書の文言を説明し、納品。

後見事務他2016/04/18

 午前中、被後見人の証書、通帳などを貸金庫の収納。その足で、依頼された契約書の原案を届けるが、役員が不在。午後遅くになってやっと会合し、説明後、納品した。数日推敲した上で正式に採用してもらう。

会計業務2016/04/15

9:00~17:30まで執務。支払業務立ち合い、仕訳伝票等チエック、契約書の相談など。

契約書の相談2015/05/25

 午前中、携帯が鳴り、午後から契約書の相談が1件舞い込む。新手のビジネスで取引先からシステムへの信頼を担保するために契約書の交付を求められた由。相談相手は超若い男性だった。
 昨年、起業したばかりのほやほやの経営者で、個人営業だが、アイデアに富む。年齢、経験を超えて話が回転し出したので引き受けることにした。取り急ぎ、見積書を郵送し、着手金の入金を待つ。
 経営面でも都銀よりも地元信金に口座を設けていざとなった際に面倒を見てもらえる実績を今から作るようなアドバイスもした。まだ値決めがされていないのでこれも経営の根幹なのでしっかり検討する旨話した。
 競合相手のある場合は市場価格=相場があるが、新手のビジネスでは開拓者が決めねばならない。市場は彼らが創造するのだから夢のある話である。夢を持たないと実現もしない。
 憲法は国民と国の政治の基本を取り決めたもので権利義務を定めてある。ビジネス社会における契約書は取引の条件を取り決めて権利義務を明文化した憲法ということになる。

会計業務2015/02/23

 奇妙なくらい暖かい春の朝。三寒四温というようにこれからも寒さは来るので油断しないようにしたい。
 14:30~17:30まで執務。給与データの決裁が下りているだろうか、まだ早いか、と出社した。結果はもう下りていた。今月は早かったそうだ。雑然とした書類の整理をして優先順位をつけて片付けてゆく。印紙税の調査結果がでて、印紙税不納付なるものが来ていた。
 国税庁のHPによると、7号文書(1) 売買取引基本契約書や貨物運送基本契約書、下請基本契約書などのように、営業者間において、売買、売買の委託、運送、運送取扱い又は請負に関する複数取引を継続的に行うため、その取引に共通する基本的な取引条件のうち、目的物の種類、取扱数量、単価、対価の支払方法、債務不履行の場合の損害賠償の方法又は再販売価格のうち1以上の事項を定める契約書 。以上
 売買契約書には200円を納付していたが、調査の結果、実は7号文書と認定された。納付額は4000円だった。それで3800円分の不納付ということになった。ペナルティは1.1倍を乗じた金額4180円の納付が必要になった。手痛い出費になるが、調査期間と契約書の交付時期がずれていたために全部課税されず、一部にとどまったのは不幸中の幸い?であった。
 契約書はどちらかといえば、下請法に抵触しないように注意を払ったものの、印紙税法にまでは及ばなかった。印紙税に限らず、税法には通達がある。通達が法律と同じ効力を持っている。つまり、課税しやすいように後講釈というか、本質的な解釈をしてくる。表面的な素直な解釈だと印紙税納付では今回のように不納付と言うことが出てくるわけだ。
 税はビールの課税と同じで、よく利用されるものに課税される。そして高い。それではと、納税を回避する文書を考案するしかない。そのモデルは流通業者の伝票にあると、当の担当官が教えてくれた。なるほど、利用枚数が半端じゃないから考えざるをえないだろう。当社は法改正でもない限り1回だけだ。今後は留意していきたい。
 給与データにもとづき、振込依頼書、納付書などを作成した。今月は2/27が給料日なので、銀行側にも非常にタイトな日程になった。

会計業務2014/12/10

 9:00~17:30まで執務。今日も忙しかった。支払いの準備作業を進めながら印紙税調査に対応した。午前中は銀行員の来社で振込み手続きが1つ片付いた。午後になって署員が来社。契約書関係を次々監査される。調査の本質は契約書の概念を狭義な意味から広義な意味に広げることにあった。解釈により契約書と看做す、ということだ。課税文書に貼付(納税)してあるか否かの原始的なチエックではなかったのだ。注文書の書式だけど、実質的に契約書ですよね、という印紙税法よりも民法の契約法のリテラシーが求められる。基本契約書に盛り込んである文言を取り出して更に一札入れさせる文書も危うく課税文書になるところだった。今回は有無を言わさない調査ではなく、指導的な調査が主眼となって、ペナルティーも小さな幅で済みそうである。細切れの時間を使って郵送の準備、手形の下書き、相殺の領収書作成などを進めた。

会計業務2013/05/28

 空は雲厚く、薄暑の候なりき。見るもの皆緑に染まりたり。三の丸の街路樹に小雨は降れど、地面にまでは届かず。木下闇。いよいよ、梅雨入りか。外堀が草でうずまる梅雨入りかな
 
 10:00~14:00まで顧問先にて執務。今日は小切手に押印をもらうことが主。銀行からの残高証明書が全行揃い、金額を照合。試算表をプリントアウトして役員に提出。
 先週、過去5年間の財務の推移を説明したが、訴訟費用など売上に貢献しない出費がなくなるのも、契約書の更新が効果を挙げ始めているのか。仕入先とのトラブルは今、一切無くなった模様。規模の大小よりも財務体質の弱い取引先は排除することも必要なのです。
 同じ苦労ならば、仕入れることに苦労するのではなく、売ることにエネルギーを注ぐことが肝心です。良い会社になる最低の条件はまず契約書を交付して緊張感を保つこと。
 通帳記入して、駐車料金などの記帳を確認する。午後より、通院の時間が迫り、銀行員への書類を預託する。

会計業務2013/04/26

 春深し!風にそよぐ白いハナミズキは凜としてエレガンス、同じ白い花でもナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)は繊細な感じがする。固まりのようでいてちゃんと花びらがある。天白区の今は爽やかな緑に白い花の繚乱の頃。

 9:00~14:00まで顧問先にて執務。机上には多くの封筒が山積。開封しながら整理すると経費関係の請求書はほぼ出揃った。続いて、領収書もやっと揃った。請求書は未払金勘定に仕訳する。続いて入力するといよいよ試算表がプリントアウトできる。銀行預金の残高証明書も揃った。これで役員に提出できる。
 先般、受任した契約書のチエックも説明した。本契約書は基本通りで問題なし。付随する2件の契約書の字句にミス、条文のミス、などの疑問点の指摘、保証人の信用の留意点を説明した。また、長期にわたるため公正証書にすることを勧めた。
 お堅い役人だから、といって間違いがないわけじゃない。1年前のように、契約書に添付された登記済み証自体に担当者の知識不足による人名の入力ミスが見つかることがある。粂(くめ)と条(じょう)の違いであるが、粂は一字で姓にも名前にも使われるが、条は珍しい。チエックする人も見逃したのであろう。