帰化と食言2016/10/04

 FBで山際澄夫氏の「蓮舫さんは、これまで自分は日本国籍取得後、国籍離脱の努力をして来たから問題はないというようなことを言っていましたからね。国籍の選択をやってなければ食言です。」という文脈で使われた。NHKが報じないことを咎めた。

 食言とは「前に言ったことと違ったことを言うこと。うそをつくこと。」です。
ソース:http://kanbun.info/koji/shokugen.html

他に使用例を探すとあるある

内田樹氏のTWから
「すでに久しく日本のメディアは政治家の「食言を咎める」という批評作法を忘れてしまいました。だから、1年前はおろか半年前に言ったことでさえ、責任を取る政治家なんてもう見ることがありません。そうやってどんどん言葉が軽くなってゆく。」
https://twitter.com/levinassien/status/379406041760292864

書籍名にも「佐藤総理大臣 食言の責任--君子豹変して食言す」(潮出版)があった。1967年。

ヤフー知恵袋にも
「食言の宮沢
食言の宮沢といわれますが、宮沢さんはそんなに「うそつき」だったのですか?なぜこんな言われ方をしたのでしょうか?かりにも平成3年第15代自民党総裁ですよ!!」2007年。

衆議院議員の西田昌司氏のHPのタイトルにも
「菅総理よ、食言を止め、信を問え!」

21世紀日本アジア協会のHPで「昭和天皇と大日本帝国の崩壊」という伊原吉之助氏の論考から
「昭和天皇は、白川義則陸相が奏上したこの決定は認めます。立憲君主は、輔弼の臣の結論を拒めないのです。だが田中首相の食言は許さず、 「 お前のいうことは前と違う、二度と聴きたくない 」 「 辞表を出してはどうか 」 と辞任を迫りました。」

辛口評論家の佐高信氏も食言首相という造語まで作って舌鋒するどく批判を展開した。
「小泉純一郎はよく色紙に「信なくば立たず」と書くらしい。自らがそれを裏切っていながら、なおそう主張する神経は相当なものである。私は彼に“食言首相”という呼称を呈したい。「自民をぶっ壊す」から、年金の未加入まで、その行動はまさに食言の連鎖である。――参院選を直後に控えた現在の政治状況をどう捉えるか、何をもって原点とするか、自民党の政治を見つづけてきた著者が、歴史を振り返りながら考える。
さたか・まこと 評論家。1945年生まれ。近刊に『神は「憲法」に宿りたもう』『日本論』(いずれも共著)」

「市長のための市会ではなく、市民のための名古屋市会を! Ver.2.0 」というブログでは名古屋市の河村市長も
「政治家は「信なくば立たず」といわれますが。将に。

 河村市長は平気で「食言」をします。名古屋の市民は優しすぎる。
中略
その「食言」政治家 河村たかし は、自身が「食言」するだけではなく、
 ついに、部下にまで「食言」をさせるのですから大変です。」

 以上、ヒットした事例は政治家がすべてでした。最近の小池都知事、八場ダムの森田知事、鳩山元首相、仙石氏ら錚々たる面々が居ました。

 ・・・今まで目にしていたが疑問にも思わずやり過ごしていたんです。政治家にウソを追及しても「糠に釘」「嘘も方便」と気にもしなかった。私だけかも知れんが日本人の悪いところです。
 今回なぜか気にしたのは蓮舫さんへの二重国籍の件で批判が中々沈静化しないからです。人のうわさも75日とはいかないのは、彼女が中国人との関連で見られるからです。
 中華ファーストを代表するような発言として「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」があるので、日本人の嫌中意識を刺激する。やや感情的になっているが事は政治家の国籍であり、尖閣諸島の領海侵犯もあるからうやむやにはできない。民進党代表の辞任ではなく、国会議員の辞任を求める機運に発展している。中国人をルーツにもつからと食言を放置できないのは当然である。
 自民党はこの問題に深入りしたくないようだ。ということは自民党にも二重国籍を疑う議員がいるのだろう。
 かつて新井将敬(1948~1998という自民党政治家がいた。在日韓国人から日本に帰化。東大を出て大蔵官僚に上り詰めた。38歳で国会議員になったにもかかわらず、50歳で自殺。自殺したことより、在日韓国人でも優秀ならば帰化して国会議員になることを容認する日本社会の度量の広さに驚いたものだった。
 日本の帰化手続きでは韓国の離脱証明を要求しない。韓国の国籍法では外国に帰化したものは韓国籍を失うという規定があった。これまでは問題はなかった。しかし、手続きとして韓国籍を抹消していないために二重国籍になるはずだ。民進党には帰化した韓国系日本人がいるが、与党にもいると思われる。もう無頓着は許されない情勢だ。

帰化申請支援~帰化許可の朗報を聞く2015/08/28

 午後、帰化申請の依頼人からの電話で許可が下りたとの朗報があった。「良かったあー!」と回答。7月に法務局に寄った際に聞いてみた。具体的な氏名までは聞けないが、現在3月の人の許可の連絡をしているとのことだった。当人は4月に最終的な補足の書類が完全に揃ったので8月になるとの見通しは得ていた。ぎりぎりの回答期限だった。日韓関係の悪化で政治的配慮で申請の取り下げもあると腹をくくっていたが杞憂に終わった。
 個々には喜ばしいが、日本国籍の帰化した韓国系日本人の反日行為がネット上で明らかになっている。神社に油をまいて迷惑行為をしている医師も帰化した韓国人とされている。
ソース:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
民主党議員の中にも相当数の韓国系日本人がいるようだ。彼等の反日行動がイメージを悪くする。ネット上では日韓戦争も取り沙汰されている。そうなれば敵性国家の人物になり、強制的に送還することになる。
 かつて日本山岳会の年次晩餐会で隣になった会員と名刺交換すると朴某さんだったので在日韓国人ですかと聞くと帰化したとのことだった。又、友人の第九のコンサートに行くと指揮者は帰化した朴某さんであった。卓越した知識、役立つ技術、商売、文化・芸能などで日本社会に溶け込んで生活する分には国益になりこそすれ、害にはならない。
 依頼人の父親は戦前に日本人として国内に徴用された。終戦後もそのまま日本に住み着いた。外務省の把握した245名?のうちの1人だろうか。現在は本名で生活するが、帰化後は父の名乗っていた日本の姓名を得て、戸籍を作成。それと分からない韓国系日本人になってゆく。日本人でも東京に住んで三代目にして初めて江戸っ子になるそうだ。穏便なる人生を祈るものである。

会計業務2015/06/26

 9:00~15:00まで執務。試算表をまとめる。役員に提出。決算をにらんでの推移表をプリントアウトして今年11ヶ月の数字の流れを解説。労務関係の賞与届け、被保険者報酬月額算定基礎届なども作成し、投函しておく。会社法務の面で、今年1年のうちの事務的な山を越えた感じがする。7月8月は決算業務に専心する。
 当事務所においては、成年後見の1年の後見活動の報告がある。来月は事務量も増える。退社後、帰化関係で依頼人に電話して状況を問うが未だ呼び出しはないとのこと。審査中ということだろう。来月か再来月の模様。山を越えてからが長い。建設業の許可申請も依頼人に問うが、半歩進んだが、他は手付かずの様子なので来週会って状況など再度確認。

 雨脚強く、足元が濡れる。いよいよ梅雨末期の大暴れの時節到来か。

会計業務2015/05/12

10:00~15:00まで執務。今日は雨の予報のもとに傘を持参して出社。10:30に役員から呼ばれて手形に押印してもらう。その間に銀行員が来社し、振込手続きを依頼。手形を封筒に入れて郵送する。昼休みも含めて13時ころまでかかった。
 建設仮から建物勘定へは振替を済ませた。そのタイミングで新規の賃貸契約書に基づき、賃貸料の請求書を作成。電気料金も新旧の請求書が来たが、今月は合算して請求。新館に入居前の電気代は請求できないので今月から通常ベースに戻れる。
 他の仕訳伝票、入力などを終えて15時には退社。
 入院費の請求書が投函されていたので、当面は会計はお休みし、明日から雑務山積の成年後見の仕事にかかれる。帰化の申請以来3ヶ月が経過したというのに回答がない。これも連絡をとって聞いてみる。事務所のHPも最終段階というので来週中に業者と会う。
 決算対策について、5月から6月中にできることはしておく。特に減価償却費の算定、現在、解体中の建物、付属設備、構造物などの固定資産台帳の帳簿処理、成年後見も6月末で締め切るので、日程をにらみながら段取り、構想を考えておく。盛夏に仕事のピークが来るのは避けたい。

会計業務2015/04/09

 小寒い朝。足元には花びらが風で吹き寄せられて美しい。しばらくすると変色してゴミになる。通勤時間帯の地下鉄に乗る。かなり混みあう中、丸の内に着いた。
 ポストを探るとあったが、局留めになっていた。自転車に空気を入れてから時間外窓口へ取りに行く。事務所で副本をコピー。法務局へ提出。メールで報告しておく。
 午後は顧問先へ移動。昨日の続きを片付ける。手形小切手の金額を今一度チエックしてからライターで印字。封筒へ領収書詰めなど段取りは終わった。次は支払いの起伝、ソフトへの入力だが、一部残った。

帰化申請支援2015/03/30

 午前中、法務局から電話があり、追加の書類を要求された。書類が受付されても追加があるとは聞いていたが、2ヶ月も経過してからだからちょっと驚いた。それでも審査が進められている実感が得られた。追加は2点あり、直ちに、それぞれ関係先に電話で対応し、手続きした。本人は来週中にも面接があるそうだ。ここからが本格的な審理に入ることだろう。桜が咲いているうちに朗報を聞きたい。

会計業務2015/02/24

 9:00~15:00まで執務。今日も暖かいが気持ちが悪い。エレベーター内でも三寒四温の言葉が出た。思いは同じ。
 今日は請求書が届いた経費を未払金に計上していった。先々の自振や決済を前以って仕訳した。20日〆の売上、仕入などの仕訳も処理してようやく試算表の形が整ってきた。午後、銀行員が来社して給与振込みの一覧表を渡す。小切手は後日になった。小切手の振り出しも役員の決裁をもらっておく。準備は終わったので15時で退社。
 丸の内に移動。途中から車が動かなくなった。なぜ?。上空にはヘリコプターが旋回中だ。何があったのかな。脇道に入って渋滞を回避したが、対向車線の交通量がかなり多い感じがする。夜になって分かったのは、朝8時、天白区の国道153号で8台がからむ事故があったらしい。今は16時だからもう解消されているはずだが・・・。事故の起きた国道を避けて旧153号や市道に迂回しているのかも知れない。
 余りに暖かいので居眠り運転だろうか。死者がなくて幸いでした。
 丸の内では事務整理。先月の帰化の業務完了報告と請求書を認めて投函しておく。1ヶ月経過して何かダメ押しの仕事でもあるかと構えていたが何もないので審理は順調に進んでいるのだろう。1年もかかったのだから無事許可が下りるように願う。

帰化支援2015/01/26

 午前9時前に丸の内入り。帰化申請の書類を点検後、徒歩で法務局に行く。1Fホールで依頼人と合流し、3Fの窓口へ来意を告げると予約の10分前にかかわらず、すぐに職員が応対してくれた。別室で書類を提示。点検後、受け付けてもらう。依頼人には細部の指示がされて審査に入る旨、告げられた。何ヵ月か後に帰化が許可されるか否かの回答を待つことになる。これで私の行政書士としての仕事は終わった。行政と申請者の間に入ってスムーズな許認可業務を推進する行政書士らしい仕事の一つである。

後見事務&帰化支援2015/01/14

 1/13に病院からの請求書を受け取ったので、早速銀行で相当額を引き出して支払った。丸の内に移動して会計ソフトに入力しておく。また、書類も整理し綴る。試行錯誤してきたが、
1親族関係の現金の証拠書類綴り
2病院への支払いと預け金の精算の綴り
3社会保険、年金関係のお知らせ、請求書、領収書の綴り
4銀行からの、お知らせと自動振替の綴り
5その他
と多岐にわたる書類があるので分類した。とても現金出納帳だけでは対応できないので複式簿記の会計ソフトを応用して管理している。会計ソフトってやっぱり便利なものだと思う。イレギュラーな利用方法でも便利なら良い。

 1/13に書類申請のための法務局への出頭の予約日を帰化申請の依頼人にメールで連絡した。さて、これで追加の書類の要請が無ければ審査に入ってもらえる。今までは仕事優先で対応してもらったが、今回は多分最終の出頭になりそうなので仕事の方を調整する旨付け加えた。延期すると約10日間単位で延びてゆく。それだけ申請者が多数いるとのことだった。2015年7月8日以降は在日韓国人にとり、手続き上、日本滞在の分岐点になる。そのことが増えている原因かは不明だが。

会計業務2015/01/09

 9:00~14:30まで執務。今日は銀行員に振込依頼表を渡すのみ。片付けの済んでいない財務省のアンケート、償却資産申告書の作成を処理。名古屋市を除くと他の市は皆投函できた。名古屋市は現在建物を壊して新築中なので従来のデータの見直しに時間がかかる。既存の記載の資産で現在ないものを削除した。改めて集計することになる。
 帰宅後、丸の内に移動。書類を請求していた自治体からある、ないの回答があった。法務局に問い合わせて次期予約日を伺い、依頼主にメールしておく。終わった後、名古屋駅前に移動、支部の新年会の会場となるミッドランドスクウェア42Fへ向かう。70名超が駆けつけて新年を寿ぐ。